不倫脳夫に「死ねばいいのに」はひどい妻ではなく当たり前の感情

不倫脳夫に死ねばいいのに

 

夫婦カウンセラーの木村泰之です

 

不倫夫に対して相談者が憎しみや恨みを持っている事に、自分でも驚くというか
こんな感情を持っていいのだろうかと悩む方もいます

 

  • 『つい夫の事を死ねばいいのにと思っている自分が怖いです』
  • 『夫を見ていると、心底腹が立ってその環境が抑えきれません』
  • 『夫を憎いと思っているのは、ヤバいですよね』

 

というように、どうしても自分がおかしいのではという思いに駆られてしまいます

 

しかし、それを聞いて私の答えは

 

  • 『それ位はどの相談者もあります』
  • 『その感情がなければおかしいですよ』
  • 『夫を死んでほしいと思わかなければパワーなんて出ませんよ』

 

とお話しします

 

今の状況で、憎しみや怒りを押し殺していてはいけない

 

 

それ位、今の状況で憎しみや怒りを押し殺していてはいけないという事です

 

体の中に溜まっているモノを出し切らなければ、その毒性に自分自身が弱ってしまう
だけなのです

 

例えるならば、風邪で熱がある人がそのまま毎日我慢し続けてダウンしている
ようなモノです

 

体内の菌を撲滅しなければ体調が戻らない事は誰でもわかっています

 

しかし、忙しさにかまけてとか少し時間が経過すれば治るだろうと過信している

 

夫の不倫に対しての怒りや憎しみは過信でも何でもありませんが、その吐き出し方
やどれ位吐き出していいのかがわからなくなっているのです

 

そのままの状態では、夫のおかしさを受けて妻である相談者もおかしくなってしまう
のは当然事です

 

そこからどうそうればいのか

 

`怒りや憎しみを世直しに置き換える`

 

という事です

 

弱者を守るための怒りが、悪人をとことん追い詰める

 

 

TVや映画の時代劇でも刑事モノでもアクションものでもそうですが、悪人を正義の味方が
やっつけるパワーは罪もない人を殺めたり迷惑をかけている怒りです

 

その弱者を守るための怒りが、その悪人をとことん追い詰めるのです

 

それが無ければ、悪人をやっつけるなんてできないのです

 

それと同じで、夫に対して肯定的感情や自分にとって人生を守ってもらう人なんて思って
いるうちは、自分にウソをついて怒りや憎しみを押し込めてしまいます

 

そこから夫という人間もアホな事をして、世の中に多大な迷惑をかけているという
現実に、
目を逸らさないのです

 

相談者の子供や親兄弟をはじめ、夫の不倫を知っている周りの人は少なからず迷惑や不安
を被っているのです

 

その現実に、絶対自分のパワーの向ける先に設定しなければいけないのです

 

そこから多くの人生観が変わってきます

 

夫がどれくらい人生に必要なのか

 

 

夫そのものだけではなく、お金を持って帰ってくればいいというほどに最低限の存在に
する事だって、不思議でも何でもないのです

 

また多くの過去の思い出よりも、これから起こる事の方が人生で大事だと思えば、夫の
言動に振り回されている場合でなはいとわかるのです

 

その時には、心の底から夫に怒りや憎しみを持つ自分を否定しない

 

これが当然の感情とわかるのです

 

そもそも、夫は夫婦ですが他人です

 

それは、誰でもわかる事です

 

夫を夫婦という呪縛から血縁以上の関係にしている

 

 

しかし、夫婦という呪縛にかかっているので無意識のうちに

 

‘血縁以上の関係‘

 

にしているのです

 

『この人がいなければ、私は生きていけない』

 

位の、人生でかけがえのない人物にしている

 

もちろん、それは夫ですから当然と言えば当然です

 

しかし、自分が一番やってほしくない事を平気でやっているわけです

 

親兄弟が知ればぶん殴ってやるから連れてこい

 

 

その不倫という悪事をはたらいて舐めている夫が、自分の血縁者よりも心配している
ワケがないのです

 

その不倫夫から受けている理不尽を、親兄弟が知れば

 

  • 『ぶん殴ってやるから連れてこい』
  • 『俺が許さん、絶対に離婚させる』
  • 『お前が言えなければ俺が言う』

 

と、相談者の代弁者になるのです

 

そういう姿を知れば

 

 

  • 『私を育ててくれた、大事な親を傷つけている』
  • 『私のために、こんなに怒りを出してくれている』
  • 『こんなに怒るなんて思わなかった、ありがたい』

 

という自分が出てくるのです

 

私の大事な人を傷つけている絶対に許せない

 

 

その親兄弟に怒りを出させている夫に、妻である自分が一番の感情が出なければいけない

 

それまでは、

 

  • 『私がもっとちゃんとしていれば、こうはならなかったかも』
  • 『親兄弟には言えない、私がダメな妻』
  • 『夫に愛想をつかされてしまって、私はどうすればいいのか』

 

位に、卑下していた自分です

 

そこから、

 

『私の大事な人を傷つけている、絶対に許せない人間』

 

という、自分でも思ってもいない感情が出てくるのです

 

そういう自分の中にある、

 

‘人を守る‘

 

という人が一番琴線に触れる事で、それまで大事に思っていた夫が

 

‘アホな男‘

 

になり、関心の薄かったブス女が

 

‘生かしちゃおけない女‘

 

に激変するのです

 

 

凶悪犯である不倫を勝手に夫婦の問題にすり替えていた

 

 

それは、相談者がいくらいろいろな事を考えてもたどり着かなかった怒りが

 

『私の事ならまだいい、でもこの人を傷つけるなんて絶対に許せない』

 

という、MAXに爆発寸前になるのです

 

それは、まさに世の中の凶悪犯である不倫を勝手に夫婦の問題にすり替えていた事に
気付くからです

 

  • 『最初は夫婦の問題と思っていたけど、こんなにも周りに迷惑をかけている
    のだから
    私と夫でどうにかするなんてあり得ない、ようやくわかった』
  • 『大事な人が苦しんでいるのに、私はこんなアホな夫を一番優先していた』
  • 『私も夫も自分が可愛かっただけ、こんなに周りを傷つけているのに』

 

と、夫と自分だけの登場人物では全然話にならなかったという思いです

 

そこから、

 

  • 『こんな夫、死ねばいいのに』
  • 『早く死んでほしい、私の前から消えてほしい』
  • 『ブス女と地獄に行けばいい、誰もが幸せになる』

 

という位の言葉が、普通に出てくるのです

 

大事に思っている夫がもっと大事な人を傷つけている張本人

 

 

それまで、

 

『大事な夫に、死んでほしいなんてとんでもない』

 

 

と思っていた自分ですが、その大事に思っている夫がもっと大事な人を傷つけている
張本人です

 

その、

 

‘被害者と加害者‘

 

を取り違えていた自分に気付いてもらうのが、カウンセリングの第一歩です

 

やもすると、不倫脳夫に

 

  • 『私は夫に申し訳ない事をしていた、ダメな奥さん』
  • 『もっと優しくしていれば、こんな事にはならなかったかも』
  • 『あの人が言う通り、私がちゃんとしていれば』

 

と、自分が加害者になっていたのです

 

しかし、実態は夫とブス女が多くの人を傷つけているだけの話です

 

不倫をあるべき形にしなければいけない事がようやくわかった

 

 

自らが加害者になり、夫を被害者にして周りの人をあまり関与させていなかったのです

 

それをカウンセリングで

 

『この不倫の実態を、あるべき形にしなければいけない事がようやくわかった』

 

と、目を覚ましてもらうのです

 

そこから、多くの人の思いを持って

 

『夫には死んでほしいと言っても言い足りない』

 

という自分になるのです

 

You Tubeでの解説もありますので、併せてご覧ください。

 

勇気を持って、まずは無料電話・メールでご相談ください

無料相談専用電話

15分ですが、真剣にお伺いします

090-5515-8337

日月火水木金土10時~18時

カウンセリング中でつながらない時があります。

申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談

お問い合わせはこちら

できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します

3,000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性があります。

ワード、メモ帳などに一度保存して、コピー&ペースト入力下さい

有料相談メニュー

夫婦カウンセラーによる、人間関係改善のための具体的行動アドバイスを行います

メールマガジン

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』
無料:毎日午後13時+α配信

『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則』
まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

相談実例

過去の相談実例を、アメーバブログにて公開しております

記事を読むためには、アメンバー申請が必要となります

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら