夫の不倫にカウンセリングで動きを伝えるのは‘行動が行動を呼ぶ’理屈

夫婦カウンセラーの木村泰之です

夫の不倫に悩む相談者にとって、何をどうすればいいのかという事を考えても
正直自分にできる事はやりつくした感があったり、怖くてできないという心理
に陥っています

その中で何が必要なのか

それは

‘的確な具体的行動‘

に尽きるのです

相談者に一番不足しているのは、的確な行動です

夫の不倫に右往左往してしまい、とにかく頭の中で不安だけが巡っているのです
しかし、それを続けていても何も変わらないのは当然です
いくら考えても行動がなければ意味がありません

また、仮に行動したとしてもそれが見当違いな事であれば逆効果になる事もある
そういう意味でも、

‘的確な具体的行動‘

が必要なのです

しかし、それを自分自身で生み出せないから苦しいのです
それをカウンセリングの中で相談者に伝えるわけです
カウンセリングは相談者の胸の内を聞いてあげるだけではクソの役にも立たない
わけです

そこから

『これをやらなければならない、なぜならあなたにはこの状況があるから』
『これをやってはいけない、なぜなら今までの夫婦の流れがあるから』

というように、相談者が取るべき行動を整理してあげるのです
その中で大事な事は、その根拠も示すという事です
相談者が10人いれば10人の事情や状況があります

その背景をしっかりと把握して、

‘やらなければいけない事とやってはいけない事‘

を判別して説明するのです

それを聞いた相談者は

私は真逆をやっていたのですね、それでは苦しいのも当たり前ですね』
『怖いという思いで、やらなければいけない事を避けていました』
『良かれと思っていた事ははやってはいけない事だというのがよくわかりました』

というように、自分一人では的確な行動はとれなかった事を理解します

そこから自信を持って行動すると、

『私がこれをやらなければ、先は見えてこない』
『これをやらなければ私が私でなくなる』

という位に、自分の中で信念が出て来ます

それをしっかりとわかってくると、

`行動が行動`

を呼ぶのです

『次はこれをやろう、私はこれをやりたい』

『この前これをやったから、次はこれをやると決めている』

というように、一番最初の行動が出れば状況を自分で動かす意欲が出るという事です

カウンセリングはその第一歩を踏み出してもらう場なのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら