不倫ブス女が衝撃を受けるほどブスなのはちゃんと理由がある

不倫ブス女の実態

公開日 2016年8月9日 最終更新日 2022年5月22日

 

夫婦カウンセラーの木村泰之です

 

日頃、夫の浮気、不倫ブス女が本当にブスだとわかって悩んでいる方に接していますが、

 

カウンセリングで相談者と話をして、強い気持ちになってもらって、不倫ブス女と対決を
決意するといろいろと行動を起こす作戦を立てる事になります

 

不安におびえる事よりも、何も変わらない方が嫌という心理

 

  • 『私は何をすればいのでしょうか』
  • 『できれば修復したいのです』
  • 『下手に動くと夫婦がもっとおかしくなるのでは』

 

など不安を口にしますが、結局は何もしなければ何年も今までと同じ状況が続く、

 

いやさらにひどくなる事を想像すると、

 

不安におびえる事よりも何も変わらない事の方が嫌という心理になります

 

それくらい、相談者である妻が現実的になっている証拠です

 

そして、少しずつ行動を起こす勇気を持ってくると、不倫ブス女を知ろうと思い始めます

 

それまでは、

 

  • ‘見たくない‘
  • ‘知りたくない‘
  • ‘関わりたくない‘

 

の一点張りだったのが、カウンセリングで女を知らなければダメだとわかると、どんどん

 

  • 『知らなければ私はこの先がない』
  • 『この女に苦しめられているのだから、絶対に許さない』

 

という気持ちになってきます

 

その気持ちで、紹介した探偵なども使って不倫ブス女を調べると、

 

相談者の思っている何倍、何十倍もどブスな女が出てきます

 

  • 『正直、うちの旦那もこんな女とよくやれるなと思います』
  • 『私が男ならこんな女絶対にムリです』
  • 『本当にゲテモノ食いですよね、ちょっと引いちゃっています』

 

と、それまで不倫ブス女を大きく見過ぎている自分はどこに行ったかと言うくらい冷静
に評論します

 

既婚の自分に女は関心なんて持ってくれないという心理の罠

 

 

では、なぜそんなにもブスな女が出てくるのか

 

それには、明確な理由があります

 

夫は既婚者ですから、そもそも女は自分に関心なんて持ってくれない、独身には勝てない
という心理です

 

そこに、少々のブスでも

 

『俺なんか相手にしてくれるの』

 

と、喜んでハードルを下げて相手にしてもらっているという感覚を持つのです

 

また不倫ブス女も、そもそも不倫をするくらいですから、過去に彼氏には嫌な思いをして
いたり、今の夫に不満があるのですから、一番欲しいのは優しさです

 

その点で言えば、少々オッサンでも既婚者は自分にチヤホヤしてくれる事をわかっていて
近づくのです

 

すると容姿は全然ダメでも、夫のハードルががくんと低い分、不倫関係になるのには障害
がないのです

 

その二人の利害関係が、容姿を二の次三の次にしている原因です

 

夫とブス女を大きく見過ぎている

 

 

相談者である妻が、不倫ブス女を捉えて本当にどブスである事に大きなショック
と衝撃を受けるのは、日常茶飯事です

 

しかし、それは言い換えると夫とブス女を大きく見過ぎている自分なのです

 

夫の好みや趣味を把握していても、現実はこの程度の事で喜んでいる夫を見て

 

『本当にこんな小さい男を尊敬していた自分は何だったのか』

 

と思う事が、これからの夫婦の原点になるのです

 

しかし、その実態を知る事の重要性も感じるわけで、

 

『夫の本当の姿を見誤っていたままなら、これからの人生どうなってしまって
いたか、気付いて良かったです』

 

と、どの相談者も口にするのです

 

ブス女に私が弱らされている場合ではない

 

 

夫の不倫で気付くのは自分が視野を狭くして、物事を決めつけている感覚の怖さなのです

 

夫の陰にかくれているブス女の存在を知った相談者には、それまでの自分の不安が本当に
どこに行ったのかという位に、晴れるのです

 

『このブス女に私が弱らされている場合ではない』

 

と、自分がすべき事がクリアになるのです

 

その相談者の中にある、ブス女と夫の過大な見方を矯正するのがカウンセリングです

 

  • 『そもそも不倫している人間です、ブス女がブスなのは当然ですよ』
  • 『ブスな人間が不倫をするのです、ブスしかいないのですよ』
  • 『夫はブスでも何でもいいのです、やれたらいいのですから』

 

と、相談者が美化していた夫や距離を取りたいブス女の事を解説するのです

 

その夫とブス女の実態を聞いてもらい、相談者の頭の中のイメージや記憶をアップデート
してもらうのです

 

最初は自分のイメージが根付ている相談者も、徐々に現実の不倫当事者のアホさに頭の中
の情報を変えていくのです

 

頭の中では、

 

『不倫をしている人間にロクな人間はいない』

 

という思いがあります

 

しかし、ロクでもない人間の一人が自分の夫でもう一人がその夫が熱を上げるブス女
という事実が、相談者に無力感と言うか劣等感を醸し出している

 

 

ブス女は私の何が悪いのという開き直っている

 

 

それがいかに意味がない事なのかを、カウンセリングで理解してもらう事です

 

私が見てきたブス女は、本当に

 

‘私の何が悪いの‘

 

という、ある意味あくどくも強い開き直りを持っている

 

それは、ブス女は頭で考えずに

 

‘子宮‘

 

で考えているからです

 

その、インテリジェンスとか品性とかとは大よそかけ離れているブス女のだらしない
生態に、夫はそれまでの普通の暮らしが物足りない頭になっているのです

 

そこには、ブス女が夫を体で引っ張る事をいとわない頭があるのです

 

夫はこんなブスでもいけるんだ

 

 

夫もそのブス女の容姿ではなく、そういう狂っている所に高揚感を持っている

 

だからこそ、多くの相談者がブス女を見た時に

 

  • 『え、ウソでしょう、こんなにひどい女なの』
  • 『こんなブスのどこがいいのだろう』
  • 『夫はこんなブスでもいけるんだ、ドン引き』

 

と、率直な思いが出てきます

 

夫は夫で、やらせてくれているブス女は

 

‘あばたもえくぼ‘

 

なのです

 

それまでの好みとかタイプではなく、ただ

 

  • 『こんな既婚の俺が選べる側ではない』
  • 『やらせてくれるなら、それでいい』
  • 『据え膳食わぬは男の恥だ』

 

位に、ブス女をブスとは思っていないのです

 

肉体関係が介在する不倫男女には、そういう下半身優先の思考です

 

だからこそ、相談者が夫のラインでブス女とのやり取りを見ると

 

  • 『早くやりたい、もう我慢できない』
  • 『入れて欲しい、想像しただけで興奮する』
  • 『俺もビンビンになっている』

 

と三流の官能小説でも使わない下の会話ばかりが出てきます

 

そこに、ブス女の容姿なんて一つも関係ないのです

 

奥さんと心が離れている人を助けているだけというブスな理屈

 

 

ブス女は、どこかで自分がブスと自覚しているのです

 

ただ、体で夫を引っ張れている事だけで

 

  • 『私は愛されていればそれでいい』
  • 『私は奥さんと心が離れている人を、助けているだけ』
  • 『二人の関係は誰にも邪魔されない』

 

と、とにかく自分の責任なんて全くないような感覚です

 

そのブス女に、ホイホイとついて行っている夫の組み合わせが不倫です

 

そういう、アホな実態を知れば

 

『だからブス女はブスなんだ、よくわかった』

 

という、納得して

 

『そこに弱らせられる事は何もない』

 

と、気持ちを強く戦うのです

 

You Tubeでの解説もありますので、併せてご覧ください。

 

 

勇気を持って、まずは無料電話・メールでご相談ください

無料相談専用電話

15分ですが、真剣にお伺いします

090-5515-8337

日月火水木金土10時~18時

カウンセリング中でつながらない時があります。

申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

 

無料メール相談

お問い合わせはこちら

できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します

3,000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性があります。

ワード、メモ帳などに一度保存して、コピー&ペースト入力下さい

 

有料相談メニュー

夫婦カウンセラーによる、人間関係改善のための心理カウンセリングを行います

 

メールマガジン

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』
無料:毎日午後13時+α配信

『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則』
まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 

相談実例

過去の相談実例を、アメーバブログにて公開しております

記事を読むためには、アメンバー申請が必要となります

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA