夫の不倫は夫と妻でなく加害者と被害者の関係が優先するのです

夫婦カウンセラーの木村泰之です

夫の不倫に悩む相談者にとっては、多くの事が辛い日々になっています
しかし、それを誰に言う事も出来ずに苦しみの元を作っている夫にその思いを
ぶつけるわけです

『私が悪かったのであれば謝るから、お願い戻ってきて』
『私はダメな奥さん、あなたを大事にしてこなかった』
『あなたに愛想を尽かされてどうしていいかわからない』

と、アホな事をして足蹴にする夫にすがるような妻になっているのです

その妻を見て当の夫は

『お前のそういう態度が嫌なんだよ』
『もう俺は変わらない、何を言っても無駄だから諦めろ』
『俺とお前はとっくに終わっている、今さら遅い』
『何で俺を大事にしてこなかった、もう愛情はない』
『お前にできる事は早く離婚してくれる事だけだ』
『俺には時間がない、早くしてくれ』
『俺をこれ以上苦しめるな、もうお前には関心がない』
『こんな事を続けていてどうする、お前も嫌だろう』
『俺みたいな男と一緒にいても幸せにならないのはわかるだろう』
『離婚届を書いたか、何で書かないんだ』

というような言葉が、毎日日本全国というか世界中でアホな男の口から発して
いるのです

それを聞いてさらに弱っている相談者がいるわけですが、そもそもの立場を
客観的に理解しなければいけないのです
当然ですが、夫婦は対等な立場です

そして、一方が何かの考えや思いを表明してももう一方がウンと言わなければ
同意した事にはならない
もしくは、一方が譲れば同意した事になるわけです

しかし、それはあくまでも夫婦がある程度平穏に過ごしている時という前提が
あるわけです
夫の不倫が起こっている時に、夫に同意する事や譲る事なんてあり得ません

夫の言っている事ややっている事は

‘倫理に外れている‘

という実態があるのです
そこがそもそも、こちらの接するスタンスが平時と同じではいけない理由です
それをカウンセリングの中で、しっかりと理解してもらうのです
夫を夫とだけ見ていてはいけないのです

夫の前に犯罪者という見方をする、それを再三再四相談者にお話しします
もちろん相談者は、今までの夫としか見ていない夫をいきなり犯罪者と見れない
のは当然です

しかし、そういう意識を努力するだけでも

『私が妻という立場でだけ見ているから、夫に舐められるんだ』
『確かに夫は罪を犯している、それを許すも許さないも私次第』

と、夫婦という関係性から

‘加害者と被害者‘

という思考が強く出てくるようになるのです

そこに大きな転換があるのです
夫だろうが親族だろうが、何か人に迷惑をかけているのであればそれを正すのが
人の道です
いや、夫だからこそ

『私がやらなければ誰がやる』

という気概を持って臨まなければいけないのです

そのためにも、夫婦という関係性や枠組みを一旦置いてこの悪事に対峙するのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら