不倫夫を一番知っているのは誰が何と言おうと私という確信が必要

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、どうしても自分の
中で、夫の不倫をよくある家のトラブルと同じような対処にしたい自分がいます
例えば何か家の水回りのトラブルや子供の病気があれば、業者や医者を呼んだり
診てもらう対処をします

『この不倫夫につけるいい薬はないでしょうか』
『夫のおかしな状況に合う対処方法はないでしょうか』
『どうにか夫をこちらに振り向かせたいのです』

という、メニューを探すような感覚です
その状況では、世の中のどこかに自分の知らないいいやり方があるはずという
一心でネットサーフィンをし続けます
ここでよく考えなければいけない事があります

それは、

‘夫を一番わかっているのは誰なのか‘

という事です
もちろん妻のはずですが、その妻が

『自分には夫がよくわからないから誰か助けて』
『私では手に負えない夫がいる、どうしたらいいの』

という状況になっているのです
つまり、妻自身が妻を捨てているようなものです
もちろん、おかしくなった夫に慌てふためくのは当然ですが、その夫に対して
すべきは、

『夫がこんなにおかしくなるはずがない、私の目に見えない所で何かが起きて
いるはず、私はそれを知って対処する義務がある』

という考えです
それもせずに、ただ周りに助けだけを求めている方も少なからずいます
要は夫婦で起こった事がない事に

『無理無理、私には絶対無理、だれかいい方法教えて』

という発想で、その解決方法だけを探している時点で、夫婦の体をなしていない
わけです
そうなると、外で好き放題不倫している夫と、それに振り回されているだけの妻
という、何で結婚したのかよくわからない夫婦になっているのです

カウンセリングでは、そういう夫婦に対しての妻のスタンスをどう考えているのか
をまずしっかりと決めていくわけです
夫の不倫をどうにかしたいという前に、妻としての自分は何をすべきなのかという
宿題が出ているのです

それは決して夫に対してだけではなく、自分に対しての行動もあるのです

『私がバタバタしていてどうする、夫がアホになっている中で私まで浮足立って
どうするの』

という事に気付いていもらうのです
今までに経験した事を経験するのが人生なわけで、経験した事がある事だけで人生
が進むはずがないのです
よく考えてみればわかる事です

それがたまたま夫の不倫だったと思うまで冷静になる自分を作るのです
そこで初めて、夫は関係なく

『どんな形だろうが私たちは夫婦、私がそう言っているんだか夫婦』

という自分ができるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA