夫だけを基準に生きてはいけない世の中の一員という自覚が必要

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、夫の事ばかりを考えている
相談者の頭の中は、疲れ切ってもう何も新しい発想はない状態です
しかし、その考えている事はいくつも種類があるわけではありません

『夫は今何を考えているのだろう』
『あの人の頭の中には私はいるのだろうか』
『今日も何か言われるのかと思うと、考えただけで怖い』
『夫はこれからどうするつもりなのか』
『夫の言葉は何も希望もない、でも最後は捨てないと信じるしかない』

など、夫の一挙手一投足に神経を集中させています
つまり、夫が動く事や言葉に対して考えや思いを発しているのです
そうなれば誰だって受け身ですから疲れるのは当然です

しかし、一人で考えているとそこから抜け出すのは非常に難しいのです
なぜなら、

‘夫に嫌われたくない‘

という事が全てを支配しているからです
それは、自分の人格や生き方や倫理観や道徳観を押し殺している状態を意味します
夫というだけで、不倫をしている事を嫌だけど黙認しているのです

これが他の男の不倫であれば

『サイテー、奥さんがかわいそう』
『何なのこの人、結局は女と遊んでいたんでしょ、ダメな男』
『こんな男は私なら離婚だな』

と言うはずです
それを自分の夫なら

『ごめん、私が悪かった』
『私もあなたを大事にするから、お願い戻って来て』
『私の事を嫌いになったの』

と、女々しさ全開になるのです
それ位、夫と他人では違う事に気が付かなければいけないのです
この女々しい自分を他人はどう思うのか

『この奥さん何で自分を下げるの』
『人に言う事と自分がやっている事が違う、信用できない』
『何で夫の不倫に妻が謝らなければいけないの』

と言われるのです
それこそが相談者が一番精神的にダメージを受ける事です
夫ではなく、他人にどう見られているかを知れば考えるべき事がもっと増えるのです

相談者の頭の中にある登場人物を、ほぼほぼ夫だけの状態から世の中の目線を入れる
事で、相談者自身も

『そうだ、私は夫の言いなりになってはいけない』
『他の人に言う事と自分がやっている事が違う事に気が付いた』

と、世の中の基準を取り入れる思考が戻ってくるのです
そこに大きな転換期があります
夫に固執している自分、執着している自分、律していない自分を自覚するのです
夫という存在は人生で小さくはありませんが全てではいないし、全てにしてはいけない

もっと世の中の一員という認識を持って人生を進まなければ、夫がアホでもそれについて
行く自分になってしまうのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら