離婚は不倫夫次第と言うのは強がっても人生を夫に預けている証拠

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、夫の不倫に悩む
相談者が、よく言葉に出てくるのは

『場合によっては離婚をしてもいいと思っています』

という言葉です
その中では、状況によっては夫との夫婦関係は解消するという表現ですが、
その状況というのは何かと言えば

‘夫の反省の有無‘
‘夫の愛情の有無‘
‘夫の改心の有無‘

という思いです
その気持ちはわかります
しかし、それを基準に夫婦を解消するかどうかと考えると、結局は夫の気持ち
を待つという事になります
仮に

『本当に悪かった、反省しているから許してくれ』

と言葉で言っても、のど元過ぎればまた不倫をするかもしれないという
不安はぬぐえないはずです

そういう意味では、夫をこの先ずっと監視し続けるような自分になるわけで
それに集中している人生でいいはずがないのです

仮に離婚するかどうかは夫の気持ちを基準にするのではなく、自分の気持ち
で決める事です

私の相談者で離婚している人は

『朝起きたら急に、離婚しようと思いました』
『一人で決めました、もうスッキリしました』
『とにかく前に進む事しか考えていません、本当にうれしいです』

位の言葉を、離婚手続した後に教えてくれます
そこには、夫の気持ちなんて関係ないという自分なのです

そもそも離婚するという事は戸籍を別にするというですから、夫の気持ち
を考えてそれを決めるという事は自分の本意ではないという事です

離婚は自分が戸籍から外れるのですから、自分の意志が全てです
また、不倫をしている夫はご存じのように有責配偶者ですから、夫には
離婚を拒む権利はないのです

その状況で夫の気持ちを待っているというのは、ハッキリって自分の人生
を相変わらず夫に預けている、依存心の強い状況なのです

そこに気付けば、離婚するかしないかは自分が決めるだけなのです

『夫がどうしようもない男だから離婚した』
『夫には愛想が尽きたから離婚した』
『夫が何も変わらないから離婚した』

という言葉には、離婚した後に幸せになっているイメージが湧かないのです
夫がどういう男であれ、自分の人生を自分で納得したいために離婚したと
いう気持ちが無いうちには、離婚はしないと言うだけで十分なのです

離婚するかもと周りに言っている人で、離婚した人を見た事はないのです
いわゆる

‘するする詐欺‘

に自分がなってはいけないのです
離婚をするのに宣言もアピールもいらないのですから

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA