【旦那どうでもいい】と考えてしまう前に知っておくべき5つの事①

(昨日上記動画を更新しました)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

‘旦那どうでもいい‘という感覚を、世の中の多くの相談者が持っています
この
ワードを検索して私のブログを見ている方が多い事がわかっています
それ
について、少し説明をしていきます
そもそも心理はどこから来るのかについて5つのポイントに分けて解説していきます

そもそも、不倫している夫と接しているとどうしても自分の言う事を聞き入れて
くれない態度をどうにかしないという思いが出てきます
そうなってしまうと、諦めが出て余計にどうでもいいが加速してしまいます

しかし、そのどうでもいいと思ってしまう背景にある自分の心理を知れば、どうでも
いいからどうでもよくないに変わっていくのです

それを下記5つで説明します

・夫と自分はそもそも異性
・夫をわかっている気になっている
・夫に期待しすぎている
・夫はブス女に引っ張られている
・夫は妻には言葉の種類が少ない

この5つのポイントを聞いている中で、わかってくる事が増えていきます
それがわかってくると、どうでもいいがどうでもよくないに変わっていきます

ではまず1つ目の

夫と自分はそもそも異性 ‘

の解説です

そもそも、異性と書かなくてもわかり切った事ですが、実際夫婦では異性をあまり
意識せず
何か同士のような感覚になっている夫婦が非常に多いのです
子どもの親とか、パートナーという意識で、異性を超えて一緒に暮らすのに必要な
人間という
捉え方にいつの間にかなっているのです

そこに大きな盲点があります
なぜなら、夫は男ですから女の自分とは違う思考があります
そこには、いくら埋めようとしても意味がない性差があります
小さい子でも、男の子や女の子を見ればその差は歴然としています

言う事を聞かないのは男の子で、女の子は親の言う事を比較的素直に聞きます
それが大人になれば直るのかと言えば、基本的にはノーです
男はいくつになっても自由気ままに生きたい性です

夫は夫ですが、その前に男という事を頭に入れるべきです
そこをしっかりと理解する事が大事で、どうでもいいという感覚が少し変わって
いくはずです

それをすっかり忘れてしまうと、どうしても

‘女性同士の暮らし‘

のようになってしまいます

それは多くの自分の感覚を狂わせてしまいます
女性同士の会話であれば、全てを話さなくてもわかっている部分が多分にあります
しかし、夫はオトコですからわかっていない部分が元々あるのです

それを恋人の時から

『私はこの人の事をよくわかっている』
『こういうクセがあるのも知っている』
『私の想像通りの事をやるから、わかりやすい』

というように、

`想定内の人間`

にしているのです

そういう部分は実際に夫婦の仲には存在しますが、それはあくまでも自分に都合の
いい感覚です
実際、夫は妻の言動に合わせて生きている時間は非常に多いのです

なぜなら、妻との会話を一つ一つ考えを言い合っているときキリがないのです
夫はそういう妻とはなるべく摩擦を起こさないようにする傾向があります
それを妻側が

『この人は私をよくわかってくれている』
『私もこの人をよくわかっている』

という、過分に相互理解があると思い込んでいます

しかし、現実夫は不倫をしているのです
それは相互理解どころの話ではないわけで、夫は妻の事をないがしろにできる
部分を持っているという事です

そうなると、不倫を知った時には自分の過剰な相互理解の勘違いと夫が持って
いる妻を差し置いての自分勝手な事ができる姿がさらにギャップを起こすのです

それは多くの人が最初は

‘うそでしょう、信じられない、あり得ない‘

という感覚に陥ります
しかし、心のどこかで夫と自分の深い相互理解を信じて疑わない
そうなると、今までと同じように夫に自分を理解させたいのです
それが実現しないので

‘旦那どうでもいい‘

という感覚を生み出すのです

それは夫の言動が自分想定を超えているわけですが、要はその想定が狭いという
事に気が付いていないのです
ほぼ完ぺきに近い想定内を前提にしている

それはあたかも、夫を女性のようにしている捉え方です
しかし、男である夫の言動は一たび何か強い刺激を受けると途端に妻の想定を
あっさりと超えるのです

それは女性と男性の性差を知らなければ、驚きでしかない
しかし、男女の差をもっと理解していれば不倫をして最初は傷ついても

『こんなバカな事をしている夫にいつまでも驚いていてはいけない』
『私が夫を勝手にいいようにイメージしていた』
『どうでもいいではなく、どうでもよくないしどうしても許せない』

という自分に変わってきます
それも夫はオトコで自分はオンナという、性差をハッキリ意識するからです
どこかで夫を女性と言わず

‘オカマ化‘

している自分に気付くと、夫は本当のオカマではなく自分の知らない生き物位に
見えてきます
そのよくわからない生き物を想定内にしていた自分が、いかに自分を騙していた
のかと気付くのです

多くの人が夫をオトコとして再度見た時に、

『こんなバカな事をするのがオトコ』
『夫に期待していた自分がバカだった』

という自分を取り戻すのです
まずはそういう、夫はオトコという見方に変える事が必要なのです
そこからどうでもいという投げやりな気持ちではなく、

『私は自分を大事にしなければいけない』
『夫に振り回されている場合ではない』

という信念が出てくるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら