あり得ないのは夫とブス女の組み合わせではなく不倫そのもの

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

(本日上記動画を更新しました)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者が夫と出会った
時にはどういう男にみていたのか
出会いもいろいろあって、学生時代の同級生や会社の先輩後輩とかお見合いもあれば
友人の紹介やネットでの交流とか、お見合いもあります

その出会いでの夫の印象は必ずしもいいとは限りません
むしろ最悪とかタイプではないとか印象がないとか、必ずしも肯定的とは言い難いと
いう人も少なくないのです

それは時を経過して夫婦になっているのです
そう考えると、自分自身も

‘男女には何でも起こる‘

という経験をしているのです
しかし、夫の不倫になると

『うちの夫が不倫するなんて考えられない』
『旦那の不倫なんて信じられない』
『こんなブスと不倫するとは、ちょっと引いてしまう』

と、その夫とブス女の組み合わせが自分の常識を覆す事象になっているのです
自分でさえも夫との第一印象は

『この人とは合わない、絶対に合わない』
『一番嫌いなタイプ、話もしたくない』
『天と地がいひっくり返っても付き合う事はない人』

と思っていた男と結婚しているのです
そういう、考えてもみなかった事が起こっているのに夫とブス女の組み合わせだけ
あり得ないと限定しているのです

要は不倫そのものはダメな事ですし、あり得ない事です
しかし、仮に夫が独身であればブス女と付き合っていてもおかしくないのです
それくらい、男女にはいろいろな事が起こるのです

そういう現実を認めなければいけないのです
不倫そのものは絶対に糾弾しなければいけない事ですが、夫とブス女との組み合わせ
に驚いている場合ではないのです

相談者が気持ちの整理をしなければいけないポイントは、そういう所にある
自分の中に

『こんなブスと一緒に寝るなんて、本当に気持ち悪い』

という事を考えても、あまり意味がないのです
考えるべきは

『不倫するなんて人としてあり得ない、そこはきっちりとけじめをつけさせる』

という所に意識の集中がいるのです
男女には何があってもおかしくない事と、社会のルールを守っていない悪事が起きて
いる事が、混同している頭を整理しなければいけないのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら