不倫夫とブス女の策略で妻が自虐に走ってはいけないのです

不倫で妻の自虐はバカ二人の思う壺

夫婦カウンセラーの木村泰之です

相談者にとっての妻と、不倫している夫にとっての妻の違いとは何か
相談者にとっては自分にとっての妻が非常に自虐的になっていて、夫からも
辛辣な見方になっているという想像を持っているのです

そういう意味では相談者から見る妻と、不倫している夫から見る妻は

`最低ランク妻`

に位置付けているのです

『お前は何もわかっていない、俺の言っている事を何でも否定してきただろう』
『俺にはもうお前に気持ちはないから、それ位わかるだろう』
『かなり前から俺とお前は終わっている』
『何で俺を自由にしてくれない、お前は何の権利があって俺を苦しめる』

というように、不倫している夫が被害者の妻を加害者扱いにしているのです

いわば

`憎まれっ子世にはばかる`

という状況です

その声の大きさに妻が

『私が悪いんだ、私が夫を自由にさせてあげなければいけないのかも』

というように、自分を自分で貶めています
その原因が

‘夫の誘導ワード‘

です
とにかく不倫を棚に上げて、自己保身のオンパレードを繰り広げます
その中では、絶対にブス女からの添削が入っています

『奥さんはあなたの事を大事にしていない、もっと強く言わなきゃ』
『私の方があなたを愛している、奥さんよりずっと愛している』
『あなたの事は私が一番わかっている、奥さんはちっともわかっていない』

と、ブス女が自分と妻を比較して夫に強く出れるように言葉を刷り込むのです

その陰からの後押しというか、後ろ盾がある事で言葉には憎しみや恨み辛みを
躊躇なく出してくるのです
その人が変わったかのような夫を見て

‘夫は我慢していた‘

という加害者意識を持ってしまいます

要はブス女がまるで夫婦の事を見ている第三者の如く、妻をけちょんけちょん
に非難しているのです
その根源には妻の座を欲しかったり、自分に優しい男がいない事から邪悪な

‘嫉妬とコンプレックス‘

があるのです

その感情を夫を懐柔する事で、巧みに隠して自分の代弁をさせているのです
夫は夫で自分に快楽をくれているブス女に、アメとムチを使い分けられて

『妻にガツンと言った事を報告しなければ』

と、忠実な子分にさせられているのです

そのアホになっている夫に烙印を押されているという事は、ブス女に烙印を
押されているという事に他ならないのです
その構図をしっかりと見抜かなければ、自分にとって全く意味のない自虐を
いつまでも続けてしまいます

私が相談者自身から見た妻と、夫から見た妻の双方が

`最低ランク妻`

になっている思考から、

『不倫夫とブス女の策略で自虐に走ってはいけません』
『あなたはしょうもないバカ二人の基準に誘導されているだけです、私から
見てもしっかりとした奥さんですよ』

と、第三者の目で見た妻を伝えるのです
そこから相談者に自信が少しずつ戻ってきて、

『自分を責めるのは本当にバカらしい』

という事に気付くのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら