夫の不倫は将来のために〔過去のたられば〕や〔今までの惰性〕を捨てる転機

たらればと惰性を捨てる

 

夫婦カウンセラーの木村泰之です

 

夫の不倫が出ますと、どうしてもそれまでの自分の人生を否定してしまう思考に陥る
事が少なくありません

 

例えば

 

  • 『私は夫にもっと優しくできなかったのだろうか』
  • 『何でこんな男と結婚してしまったのだろう』
  • 『私はそういう星の元に生まれてきたのだろうか』

 

 

というように、とにかくそれまでの人生がウソのように反転してしまうのです

 

不倫夫のたらればをいくら言っても意味がない

 

 

まさしく、

 

‘たられば‘

 

を言っているわけです

 

たらればは、今さら何を言っても意味がないという事を表す俗語です

 

誰でもわかっている事ですが、終わっている事をいくら言っても現実は変わらない
わけです

 

それよりも、今後の事をどうするかに頭を切り替えなければいけません

 

仮にたらればを考えないようにしたとしても、今後の人生をどう考えるのか

 

今までの惰性が現実を捉える事を妨げている

 

 

それまでの、

 

  • 『私は夫に守られているから大丈夫』
  • 『夫がいれば、私は怖くない』
  • 『夫婦はこのままずっと続く』

 

という、どこかで当たり前にしていた状態が崩れているのです

 

しかし、それらの

 

‘今までの惰性‘

 

を捨てなければいけないのです

 

今までがいくらいい夫婦でも、それがこれから続くわけでも何でもないのです

 

その頭の中で続いている惰性の思考が、これからの自分に大きな邪魔になるのです

 

現実に起こっている事と変化する事が人生

 

 

それをカウンセリングで、強く強くお話しするのです

 

  • 『過去のたらればをいくら言っても、何も変わらないでしょう』
  • 『今までの惰性でこれからを生きていても、苦しいだけでしょう』

 

と、相談者の思考を全てアップデートしてもらう事を促すのです

 

‘たらればと惰性‘

 

から、

 

‘現実と変化‘

 

が人生という定義に変えるのです

 

それもこれも、これから起こる事に対応する事が一番大事だからです

 

かつてまともだった夫が、アホなブス女に入れ込んだ事で転げ落ちるような人生に
なっているのです

 

安心や安定は自然に発生するモノではなく努力の先に少しできるモノ

 

 

その姿を見て

 

『このバカな二人に、私が引きずられていてはいけない』

 

と、過去を断ち切る自分を作るのです

 

もちろん、それは離婚する事を言っているわけではありません

 

自分が妻として、この夫を見る角度を変えていくのです

 

そのためにも、

 

  • 『過去の夫も今の夫も本当の夫、それを受け入れる自分が必要』
  • 『安心や安定は自然に発生するモノではない、努力の先に少しできるモノ』

 

という事を知るのです

 

勇気を持って、まずは無料電話・メールでご相談ください

無料相談専用電話

15分ですが、真剣にお伺いします

090-5515-8337

日月火水木金土10時~18時

カウンセリング中でつながらない時があります。

申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談

お問い合わせはこちら

できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します

3,000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性があります。

ワード、メモ帳などに一度保存して、コピー&ペースト入力下さい

有料相談メニュー

夫婦カウンセラーによる、人間関係改善のための具体的行動アドバイスを行います

メールマガジン

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』
無料:毎日午後13時+α配信

『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則』
まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

相談実例

過去の相談実例を、アメーバブログにて公開しております

記事を読むためには、アメンバー申請が必要となります

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら