不倫脳の夫の言動にどう返していいかわからない時はこれを言う

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、不倫脳夫の言動、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、夫には多くの事が
不思議に思えてならない感覚が出ます
その感覚はどこから来るのかと言えば、自分の想定外の言動があるからです

『お前は何もオレをわかっていない』
『オレはお前と結婚しなけれな良かった』
『お前の思っているオレは本当は違うんだよ』
『お前の顔も見たくない』
『話す事は何もないから』
『早く一人にしてくれ』
『お前の言っている事は何も響かない』

など、とにかく妻の事を寄せ付けないからです
その夫に一番苦しむのは

‘言葉を返せない‘

という状況です
自分の想定していない言葉には、今までの言葉では全然夫には会話ならない
という事が一番苦しいのです
そういう時に、返す言葉を

『夫を怒らせないようにしなければ』
『これ以上嫌われたらどうしよう』
『何かまた変な事を言ったらいけない』

という意識で話すので、本当におっかなびっくりの言葉しか出てこないのです
しかし、そもそも夫の不倫で悪いのは夫と不倫ブス女の二人です
最初、不倫とわからないうちは夫の言葉に自分を責めてしまうかもしれませんが、
不倫と確信を持てた時には、立場を逆転する意識が必要なのです

夫と不倫ブス女は、自分たちが社会的に悪い事をしているという事をわかっていて
なおかつ、それが発覚しても悪びれずに水面下で続けて、やめたくない一心で妻の
せいにしているのです

そこに弱い態度で、

『お願いやめて、私の悪いところは直すから』

と言っていても、何もこのバカな二人は反省するはずもなく、むしろ

『奥さんは反省させておけばいいじゃない』
『そうだよな、俺たちの事は何も言わせない』

くらいの会話をしているのです
その二人に自分の態度や信念に強いものがなければいけない
言葉で言えば、夫に何か言われても

『後ろめたい時に使う言葉だよね』

と言えばいいのです
夫も自分の恥部を明かされたくないばっかりに、妻には上から押さえつけるか
距離を取るかしかできない事がを吐きます
その夫に対して言うべき言葉は、そもそもどちらが悪い事をしているかを考えれば
いくらでも出てくるのです

それを、悪人に気を遣う言葉を発している自分を戒めるのです
私が相談者には

『あなたのバカな夫』
『本当に小さい夫』
『チキンな夫』

と夫をこき下ろすのは、そういう意識を持ってもらわなければ戦えない、言葉が
出ない、悪人しなければいつまでも泣く側にまわってしまうという思いを込めて
いるからなのです

そこまでやるには、不倫脳というものを理解しなければいけないわけです

不倫脳というものは、とにかく正義感や倫理観や道徳観をつかさどる脳の部位が
著しく縮小しているわけです
それはまるで

`クスリ中毒患者`

と類似しているわけです

クスリの中毒症状は、とにかく周りからいくら正しい事を言われても

`ラリっている脳`

ですから、ワケのわからない言葉や行動が出てきます

しかし、当の本人は

『俺は普通だけど、お前がおかしいだけ』
『俺は何も悪くない、お前が俺をダメにしている』
『お前の言っている事はワケがわからない』

という、周りを寄せ付けない状態です

本人は必死にまともな事を言っているつもりですが、ハタから見れば

『こいついっちゃってるよ』

としか見えないのです

その状態の人間には、何かを諭すとか、理解させるなんて全く意味がないのです
仮にそれをやったとしても、結局は陰で密売人にクスリをもらってまたラリって
しまうだけです

そのクスリ中毒患者と変わらない夫には、

『お願いだから不倫はやめて』

ではなく

『あなたに話しをしてもムダ』

という、取り合わない態度です

夫に何かを言いたくても、

『不倫脳にはわからせようとする言葉は禁物』

という理屈が必要です

すべきはクスリ中毒患者には密売人を摘発する事が重要なのと同じで不倫には

`ブス女の排除`

が絶対に不可欠です

そのためにも、麻薬取締官が密売人に見つからないように、水面下で動く理屈です
夫にまかり間違っても

『相手の女に会わせて』
『私がその女と話しする』

と言えば、中毒患者が快楽の元になる密売人を絶たれるワケにはいかないのと同じで

『お前には絶対に会わさない』
『お前は何をするのかわからないからダメだ』

という拒絶を出してきます

夫にとってブス女はいろいろな事を与えてもらっているワケですが、それを相談者は
理解できていません

『そもそも夫はまともな人間だから、不倫をやめてくれるはず』
『私の願いを聞いてくれるはず』
『どんな事を言っても最後はわかってくれる人』

という、不倫脳ではなく

`遊び感覚ではまっている夫‘

とし捉えているのです

その見方を変える ために、クスリ中毒患者との類似性を認識しなければいけない

『夫に何を言っても正常な頭ではない』
『夫にいろいろ言っても、判断力なんてあるわけない』

という捉え方が普通です

不倫脳には人間の社会性を奪う力がある

『自分たちが良ければいい』
『誰かに見つからなければ大丈夫』
『見つかってもシラを切るだけ』

というように、おおよそ大人が本来やる事とは対極にあるのです
いや、子供以上に始末が悪いのです
よく大人の犯罪や会社の不祥事も

^隠ぺい工作`
`集団指導`
`裏マニュアル^

等、一旦悪事に手を染めると、とにかくボロを出さないように正しい事とは真逆の
行動を大の大人がやります
そこに誰かが指摘したり告発するまで続けるのです
要は自浄作用なんて存在しません

クスリ中毒患者も会社の不祥事も、更生するのは言葉ではないのと同じで不倫脳も

`世の中の目にさらす`

という事です

清原だろうがベッキーだろうが、悪い事を隠し通している間は平気な顔をしている
しかし、いざ世の中にバレると

『やめれなかった自分が弱かった』

という言葉を出す

不倫脳の夫も、多くの人に実態を知られる事で初めて

『やばい、不倫を続けていると世の中から見放される』

という危機感が出てくるのです

そうするには、夫にだけ目がいっていてはいけない

ブス女という、陰に隠れて操作している主犯格を捉えなければいけない
快楽の供給者のブス女を暴いてこそ、夫は守るものがなくなり不倫脳から抜ける
第一歩を進むのです

ブス女を叩くためにも、多くの人の力を借りて全力で世の中に知ってもらう意識
を持つのです
不倫脳というのは、当事者のクローズされた世界では増大する一方なのです
逆に世の中に知られると、それまでの常軌を逸した言動が途端に縮小するのです

その性質を見抜いて、カウンセリングで相談者にしっかり具体的アドバイスを
渡して動いてもらうと、数週間から数ヶ月で状況が驚くほど好転するのです

相談者がそれまで人知れず内々で不倫をやめてもらおうとしていた実態とは、
まるで
真逆の行動なのです

夫にすがったり、どうにか元に戻ってというような言葉を出しているうちは全く
逆効果でしかありません
しかし、妻である相談者が

『私が毅然とした言葉を出すとひるむ事がよくわかった』
『私が腫れ物に触るような言葉を出すと強気になるんだ』
『夫は私に暴かれるのが一番怖いから、私に大きな声を出している』

という事に気付けば、夫にかける言葉は気を遣うなんてあり得ないのです
アホな事をしている夫を、妻という立場なら心の底から見損なう言葉を出す事
が本来の夫婦なのです

不倫脳という状態は病気でも何でもないのです
病人には

『早く治りますように』
『安静にして早く治そう』
『頑張れば絶対に治るから』

というような言葉をかけるわけです
しかし、不倫脳は夫に我慢や辛抱がないだけです
その夫にかける言葉は、甘かったり緩くてはさらに不倫を助長させるだけです

『こんなバカな男はいない』
『本当に情けない、アホな男』
『こんな事をしている姿は恥ずかしいの一言』

と、緩み切っている夫にとって苦痛な言葉でなければいけないのです

夫婦というよりも、加害者と被害者とか犯人と刑事のような関係性をイメージ
するのです
そこから出てくる言葉が、簡単に許していい表現でいいはずがない

それをカウンセリングで相談者がよくよく理解してもらうまでお話しするのです
夫をいかに客観的に見る事ができるのかは、自分が放つ言葉にも大いに関係して
くるのです

それをしっかりと頭にいれなければ、いつまでもトンチンカンな言葉でその不倫
を結果的に擁護したり、見て見ぬふりをするような自分になってしまうのです
それがしっかると詰める言葉に変われば、必ず夫とブス女が心理的に苦しい立場
になっていくのです

私の数多くの相談者が、

『今まで一生懸命話せば話すほど、夫は避けていきましたけど強気に話すと本当に
惨めな位言い返せない小さい男という事がよくわかりました』

という実態を知ります

要は不倫している夫になめられていた自分を心底理解するからです
それもこれも、自分が腫れ物に触るような思いで夫に接していたからです
当の夫はそんな事は何一つ考えていません

おっかなびっくり話してくる妻に

『俺がちょっと強い言葉で話せば、あいつは何も言えない』

というふざけた心理でしかないのです
そこには夫婦とか夫いう真摯な態度のかけらもないのです
しかし、それは夫の責任だけではなく妻側もそういう事を助長させているのです

『私もできる事をしていない責任がある、私ができる事は絶対に許さないという強い
気持ちでなければいけない』

という事です
それをカウンセリングで実現させいていくのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA