不倫脳の夫にまずすべきは強迫観念で続ける会話を止める事から

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、不倫脳夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、私の心の中に
相談者に向けて常にある思いがあります
それは

‘空けない夜はない‘
‘落ちた後には上がるだけ‘
‘七転び八起き‘

という類のことわざに表されるように、今のままの状況が一生続くわけではない事
を信じてもらうという事です
そういう心境になってもらうためにカウンセリングを受けてもらうのですが、相談者
にはそれを理解してもらうにはある程度の巧妙の見えるアドバイスが必要です

『夫に戻って来て欲しい』
『夫には謝るから修復したい』
『夫に私を向いてもらいたい』

という思いの相談者に状況が好転したと思ってもらえるアドバイスです
そこには、まず夫の事よりも相談者自身がすっかり忘れている事を思い出してもらう
事が先決です
それはどういうアドバイスか

『夫との会話を控えて下さい、今言葉を求めようとするから夫は黙り込みます』
『夫が何か言ってもスルーでいいです、無言も立派な意思表示です』

というアドバイスです
つまり、夫主導の夫婦関係になっている状況から少しでも脱却してもらう事です
多くの相談者は夫と話さなければいけないという、ある種の強迫観念に駆られて
いるのです
なぜかと言えば、

『話さなければ自分への関心が無くなってしまうのではないか』
『私が話さなければ機嫌が悪くなるのでは』
『話しをしないとどうでもいいと思われてしまう』
『私の中で話をしなければ落ち着かない』

という思いです
しかし、現実には妻が話をしても好転はしないどころか、それ以上に被せて物事を
言ってきたりします
つまり会話をすればするほど、夫は離婚を強要したり妻を悪者扱いにします

その言葉だけが頭に残っているのでそれを払拭したくてまた会話に挑んでしまい、
さらに悪化するのです
それを一旦我慢して、会話を止めて夫からの言葉攻撃を受けるのをやめるのです

夫も妻が何か言えば倍言い返すようにブス女から言葉をもらっています
しかし、一旦妻が会話を止めると夫とブス女も躊躇するのです
そこに夫を冷静に見る時間や余裕が生まれるのです

それこそが状況の変化を生んでいるのです
最初から不倫をやめさせるなんて考えるのではなく、夫主導の関係を断ち切るの
です
それには、意味もなく会話を続けている状況から一旦冷静に打ち切って夫の言って
いる事がいかに理不尽かを知るのです

夫との会話に使っていたエネルギーをそういう分析に使うと

『私は夫とブス女に翻弄されていたんだ』

と少しずつ気が付くのです

そこから自分のすべき事をカウンセリングのアドバイスを実行してもらうと、それまで
全然見えていた無かった事が、どんどんとわかってくるのです

そもそも夫はブス女の子分に成り下がっているのです

それを妻が見抜かなければ、いつまでも経ってもブス女は遠くから夫婦の事
を高見の見物しているのです

『もっと夫婦喧嘩して、奥さんに話なんてしないで』
『私がいるから大丈夫、奥さんがいなくても大丈夫』
『夫婦はとっくに壊れていたんでしょう、早く別れて』

と、本当にふざけた事をブス女が吹き込みます
それを聞いて夫は

『俺の事をわかってくれているのは妻じゃない』
『俺に必要なのは妻ではない、この女だ』

と、アホにアホさが輪をかけているのです
それこそが、多くの夫が陥る不倫脳の負の連鎖なのです
そこから自力に抜け出せる事はまずない

なぜなら、不倫を抜け出そうとするとブス女が

『絶対に先にやめさせない』
『私を一人にする気なの』
『別れるのなら会社や奥さんに言う』

と、完全に脅しに入るのです
そうなると、夫はブス女にはもうなす術もなく従うしかないのです
夫の本音は

『適当に遊んで、別れるつもり』

だったのが、結局はブス女に火を点けてしまい自分ではどうする事もできない程
ブス女が主導権を握っているのです
そこにはもう

長いモノには巻かれろ‘

という夫のアホな姿しかないのです

そんな夫に、妻が弱腰の会話をしていても何も変わらないのは明白なのです
現実は弱い夫に弱腰の妻という夫婦で未来があるのかを、冷静に考えるのです
この夫はブス女にコントロールされているという現実を知れば、その夫に何かを言われ

‘おっかなびっくり‘

接している妻でいいはずがないのです
どこの馬の骨ともわからないブス女に、自分が人生懸けた結婚をめちゃくちゃにされて
黙っていていはずがないのです

夫はとにかく自己保身に走るから、とにかく悪事を働いている共犯者のブス女の言う事
を聞くのです
その陰に隠れているブス女にとって、一番怖いのは妻なのです

下手に夫に腫れ物に触るような会話をしていると、リアルタイムでラインやメールで夫
からブス女に伝わるのです

『奥さんは弱っているから大丈夫』
『奥さんを抑え込んでいるから平気』

と、ブス女が図に乗るのです

逆に夫にありきたりの会話をやめて、信念を持つ会話をすると

『奥さんが強い、やばい』

という空気が夫を通して伝わるのです
つまり、夫との会話は夫ではなくブス女との会話なのです

その読みを入れる事が非常に重要なのです
そうでなければ、夫とブス女の思う壺になるのです
そこから夫ではなく、ブス女との戦いという実態を意識しなければいけない

夫とブス女がお互いにインストールしている不倫脳では、最後はブス女が強くその不倫
続ける意識を持つケースが殆どです

ブス女には不倫を不倫と思わないどころか、

『私より少しだけ奥さんが出会っただけ』

『奥さんがいようがいまいが、私を好きになってくれている事だけが全て』

という都合のいいルールがあるのです
そのふざけたブス女を叩かなければ、子分の夫はいつまでもブス女の忠犬ハチ公で
しか
ないのです

関連記事
不倫脳の夫の言動にどう返していいかわからない時はこれを言う 

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら