夫の不倫は夫婦の前に社会に多大な迷惑をかけている認識に立つ

 

(本日上記動画の更新をしました)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、夫には多くの
思いを持っているのが妻である相談者です

もちろん不倫は許せない事ですが、それまでの夫婦の関係や時間を考えると
どうしてもただ責めるのは間違っているのではという思いになります

『夫には腹が立ちますけど、愛情も残っています』
『こんなひどい事をされているのに、許してしまう私は何なのでしょう』
『夫が不倫していても結局は私のところに戻ってきてくれると信じている』

という、苦しさを生むのは正と負の感情、憎しみと許容する思いが混在して
いるからです
その気持ちはよくわかりますし、誰でもそういう状況に陥るのは不思議では
ありません

言い方を変えると、それくらい夫婦に一生懸命自分の人生を注いできたから
です
しかし、ここで考えなければいけないのは、その夫婦の関係に広い視野を
持つという事です

夫婦とは愛して結婚して、幸せな家庭を築きたいと誰もが大体同じような
イメージでスタートさせるわけです
もちろん夫もそういう思いで結婚しています

しかし、その夫も時が経てば夫婦や家族だけでない外でいろいろ起こるわけ
です
それは社会に身を置いている以上は仕方がない事で、その中で夫は過ちを
犯しているわけです

その時に、妻である相談者が夫婦の問題とだけ考えていると、どうしても
夫と過去の思い出だけで対処をしようとしてしまいます
しかし、怒っている不倫は現在進行形の社会的犯罪ですから、過去の夫の
イメージで妻一人が考えていてもなかなか進まないのです

カウンセリングでは、相談者の頭の中にある

‘過去の恋人の時からさかのぼって割り出した夫‘

だけではなく、今現在の

‘夫婦のみならず社会に迷惑をかけている夫‘

という認識を持ってもらうのです
夫と不倫ブス女の不倫は、法律用語では共同不法行為と言います
つまり、共犯者のいる悪質な犯罪であり、国が国なら禁固刑とか死刑でも
おかしくないわけです

その実態に日本だから慰謝料で済まされてしまう、慰謝料請求権しかない
という捉え方をして、この悪質な行為に対して自分でできる事は他にないか
を追求するのが妻としてあるべき姿です

夫婦だからこそ、夫とこの不倫ブス女がアホで自分も含めて多くの人に迷惑を
かけている事に毅然と戦うのです

夫婦という関係は、そのけじめをつけた後にどうするかは、じっくりと自分が
決めればいい事なのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

関連記事

夫の不倫に恐怖でしかなかった離婚は実は自分の手の内にある権利

 

夫婦問題レスキュー隊相談者座談会風景動画

木村泰之のカウンセリングの考え方

 夫の浮気で相談する順番は①カウンセラー、②調査会社、③弁護士

全国の多くの相談者に交流会、座談会、木村塾など

で元気を交換していただいています(画像集)

夫の浮気、旦那の不倫、夫の裏切りを疑っている方

のための10のチェック項目(ぜひ確認してみてく

ださい)

夫の浮気 旦那の浮気 離婚修復 夫婦の会話ワンポイ

ントアドバイス動画

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA