‘不倫夫の頭捜索隊‘を脱退するにはブス女を捉える事が最優先

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、数多くの相談者がいますので
いろいろな性格をお持ちです
その中で、とにかくこれをやるべきもあればこれはやめるべきという事があります

多くの相談者は

『夫は何を考えているのでしょうか』
『夫がどうしたいのでしょうか』
『夫の行動は読めないでしょうか』
『夫にわからせたいのですが』
『夫は家族の事をどう考えているのでしょうか』

という

‘夫の頭捜索隊‘

のメンバーになっているのです
それはそれで気持ちはよくわかります
しかし、その捜索隊は殆ど捜索途中に迷子になって遭難するのです

‘いくら考えてもわからない‘

の連続です
しかし少し休んだり、夫に一言言われるとまたムクッと立ち上がって捜索を開始するのです
その捜索は昼夜を問わず、毎日毎日繰り返されるのです
そして、何も見つからない事に

『私疲れました』
『何で夫は訳が分からない事をするのでしょう』

と、自分で動いているにもかかわらず、疲れる事を嘆くのです
そのひとり相撲をやめなければいけないのです
とは言え、一人でいればすぐに夫の事を捜索する習性が顔を出します

もちろん、自分で納得していればいつまでも夫の事を考えていればいいのです
しかし多くの場合は

‘惰性‘

で考えているのです
いつまでも答えが出ない事を生産性もなく考えている自分が、どれだけ意味のない事をして
いるのか
夫の頭の中を考えるという事は言い換えると、

‘自分の想定内でない事に納得がいかない‘

という事です

なぜ、どうして、意味不明という思いは自分に基準があって、そこから外れている夫が不思議
という事です
しかし、夫は自分ではないのです
その夫が考える事は自分の頭の中の内輪で収まるはずがないのです

もっと言えば夫の考えている事なんてわかってはいけないのです
わかったとしても、翌日はまたわからなくなるのがオチです
そう考える事ができるかです

夫への執着が自分の生き方を邪魔していると考える事ができれば、夫が何を考えてもそれは
自分のわからない事と割り切れるのです
私の相談者がカウンセリングを重ねるうちに、夫の事を言わなくなるのはその執着が取れる
動きをするからです

自分が思っている以上に不倫はしょうもない事とわかるからです
それを知れば

『どうせブス女の手の平に載せられてアホな事を言っているだけ』

と見切るのです
そこに辿り着いた相談者の表情はつまらない捜索隊を脱退し晴れやかなのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら