不倫夫を過剰依存の状況から頼るべきは自分と現実と法律に変える

(本日上記動画を更新しました)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者にとって夫の不倫は
どこかで元の生活に戻す事という思いが頭の中を占めています
ある日突然に起こった不倫ですから、そう思うのは無理もありません

それまで普通に暮らしていたいのが

『俺はもうお前とはやっていけない』
『もう無理、早く別れてくれ』
『お前も俺なんかと一緒にいて嫌だろう』
『何を言っても無駄だから、早くしろ』
『俺は一度決めたら絶対に変わらない』

と、何だか世の中で一番強い意志を持っている男のような態度を出します
とは言え、はたから見ればただのチキンなゲス男です
それを夫婦という関係で見ていると

『あんなに優しい夫がこんな風に変わるなんて』
『嘘でしょう、夫はこんな事をする人ではない』
『私のせいかも、大事にしてあげていなかったから』

という自虐や夫世界一のイメージを持っているのです
その実態とイメージがかけ離れている状態を、早く一致させる必要があるのです
そのためには、夫の家での言動ではなく外でのブス女との密会の実態を掴む事が必要です

それを一番先にやっていく事が大事ですが、人によっては

『私知っているんだから、好きな人がいるんでしょう』
『あなたが女と会っているのはわかっている、ちゃんと言って』
『もし好きな人がいるのなら私別れてあげるから』

と、ブス女の存在を知っている事をほのめかす事で夫を改心させようとします

それを言えば

『何をバカな事を言っているんだ、そんなわけないだろう』

と、シラを切ってそこから警戒モードが上がるわけです
そうなると、証拠を掴むのは非常にハードルが上がるのです
夫はすでに自分を裏切って嘘をついているわけです

そこに

『許してやるから正直に言え』

と詰めても、子供とは違うオッサンです
そこで素直に言う確率がかない低いのは、少し考えればわかる事です
それをわかっていてやるのは

‘夫への過剰な信頼‘

があるからです
夫婦という関係で権利や義務が法律保障されているのです
信頼していいのはその法律です
相続の権利や同居の義務など、口約束ではないという事です

しかし、夫そのものをその法律と同等に過剰に信頼している自分が自分を苦しめるのです
そこを不倫という苦しい状況から学ばなければいけないのです
夫は法律ではなく、感情を持った人間です

時には道に外れたり、逆ギレしたり、自分でもわけのわからない事をするのです
それを妻である自分が

『この人のアホさを今見ておかなければいけない』
『冷静にこのバカっぷりを捉えてやる』

という自分を作る転機にするのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら