離婚していなければ夫婦という意識が人生を主体的に進める原動力

(昨日上記動画を更新しました)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、そもそも夫婦という
関係には何が必要なのか
多くの相談者は

『夫婦であれば信頼関係がなければいけない』
『何でも言える関係でなければいけない』
『お互いに理解しあえる関係でなければいけない』

というようなイメージです

しかし、それは現実ではどうなのか
夫婦にお互いの信頼や、言える空気や理解も欲しいのはよくわかります
しかし、本当にそれが絶対必要条件なのかと言えば違うのです

いや、それは今までも夫婦にはいざこざや腹が立つ事や理解できない事の連続のはず
なのです

『細かい事を言い出すと、何だか面倒だからいいや』
『これ位の事はまた話せばいいや』
『今話しても私の気持ちも整理がつかない』

など、先延ばしにしたり曖昧にしている自分がいるのです

それでも夫婦は続いてきたわけです
そこに目を向けるのです
夫婦にはこれという形がなければいけないわけではない
究極

`離婚していなければ夫婦`

という位に自分の中で夫婦を最小化するのです

そこに大きな意味があるのです
夫婦にあれもこれもをつけていると、どうしても自分が足りないものを気にしてしまい
夫婦にはネガな思いが強く出てくるのです

そもそも誰と結婚しても自分の実力は変わらない
相手だって100%の男はいません
それぞれが足りないものを持っている中で、できる事は自分の事だけしかないわけです

夫にあれこれ言われても、それはそれで自分ができる事をやるだけです
逆に言えば夫にあれこれ言っても夫の事は夫がやるだけです
これは不倫があろうがなかろうが同じ事です

夫婦は助け合う仲ではありますが、その前に自分の成長が大前提であって依存し合う関係
ではないのです
その中で夫の不倫は夫がしでかしている事に間違いないのです

それは頑張ってやっている事とか、努力している中での不可抗力でも何でもないただの

`性欲を満たす自分をガマンできない悪事`

でしかないのです

それを許していてはいけない
妻としてというだけではなく、一人の大人としてダメなのです
自分の中で夫婦という関係性と社会性を分けて考える必要があるのです

夫の妻だからこそ慰謝料請求権が発生するだけで、妻でなくても不倫に嫌な思いを受ける
一人として、毅然と正さなければいけないのです
必要以上に夫婦という関係性を自分に大きく覆いかぶせないという意識がいるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら