夫の不倫になあなあはその場しのぎ、戦えば一生ものの力がつく

夫婦カウンセラーの木村泰之です

ある時夫の不倫を知った相談者が悩んだ末に考える事は、その不倫をやめて
もらう事への対処療法です
その思考を続けていると、ありとあらゆる事を夫に施す事になります

最初は

『私に何か言う事はないの、わかっているんだから』

と詰める人もいます

『ちゃんと私に正直に言って、お願いだから』

と、すがる人もいます

『私が悪かったのであれば、謝るから許して』

と、謝る人もいます

そのいずれもとにかく不倫をやめてもらいという一心です

それはそれで間違っているわけではありません
しかし、それをやって不倫が終わる消すは殆どありません
なぜか

それは

‘悪人の夫が優位に立つ‘

という実態に他ならないからです
妻としては夫にへりくだった態度を出す事で、

『私の苦しみをわかってほしい』
『私が悩んでいる事を理解してくれるはず』
『私をこれ以上嫌わないで』

というメッセージを送っているのです

しかし、それを夫はそのまま受け取る事はないのです
なぜなら、ブス女が夫が妻の言う事を聞かせないように洗脳しているから
なのです

もちろん、それを最初相談者はわからないから夫にへりくだった自分です
その延長に

『夫とは修復したいです』
『夫ともう一度一緒に夫婦を頑張りたいです』

という、何だか

‘クソミソ一緒‘
‘呉越同舟‘

の思考になってしまいます

それは夫という事だけを優先して、自分を苦しめる事象を起こしている人間
に対して、なあなあにしてしまっている
しかし、当の夫は

『あいつが俺の裏の顔を暴こうとしている』
『あいつに俺が何かを言われるなんてあり得ない』

と、妻を下に見ているだけです

その夫と相談者である妻が捉える夫婦への大きなギャップを、理解して
もらわなければいけないのです
私がいつも感じているのは、妻と夫それぞれがが独りよがりの夫婦になって
いる現実です

それは夫の事を敵対視する事が必要条件になってきます
そこに相談者の戸惑いや躊躇があるのですが、その思いを払しょくするための
カウンセリングです

『夫婦の事は後で考えるのです、まずは不倫の対処です』
『夫がやっている事を妻が引いてどうします、それで夫婦を続けますか』

という、相談者が避けている事を突っ込むのです
そこから少しずつ、

『夫に気を遣って夫婦なんて続けるなんてあり得ない』

という思いが出てくるのです

その思いが本当の意味での真の夫婦を作るきっかけになります
なあなあはその場しのぎでしかない、戦えば一生ものの力がつくのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら