不倫夫の心の弱さがカウンセリング相談者の男女比率に表れる

 

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者の多くは妻側
という現実があります
私が夫側の相談を拒んでいるわけでもありませんので、妻側が多いのは何を意味する
のかを知ってもらう事が大事です

なぜ妻側からの相談が多いのか、なぜ夫側からの相談が少ないのか
そこに、夫の不倫に通じる性差があるのです

妻側、つまり女性からの相談が多いのは、

‘味方が欲しい性‘

だからです
夫側からの相談が少ないのは

‘認めて欲しい性‘

だからです
妻側は自分が本当におかしいのか、自分の苦しい胸の内を理解して欲しい気持ちが
強いからです
その中では、恥ずかしいとか何を言われるかわからないという不安よりも、とにかく
自分の孤独から抜けたい、共感して欲しいという意識です

夫側は自分が不倫をしていても、されていてもカウンセリングシチュエーションが、
自分を認めてもらうというよりも、恥ずかしい、非難される場という想像がある
のです

言い方を変えると、自分をさらけ出せる妻、自己保身に走る夫です
男は自分を出すという事に臆病な生き物ですから、どうしても苦しさを聞いてもらう
よりも、人からどう見られているかを気にする方がどうしても勝ってしまいます

『オレの不倫で妻と離婚される状況をカウンセリングで話しても、責められるだろう
からオレは耐えられないだろうな』
『妻の不倫を話しても、結局はオレがどこかに原因があるのではと突っ込まれると
オレのダメな所を話す事になるからな』

と、とにかく人と話すとメンタルが弱い事を露呈するという思いが強くあります
相談者にそういう夫の心理を

『夫は弱い生き物、あなたから現実から家族から逃げ回っています、わかりますか』

と言うと

『そうですね、夫はホントに弱いですね』

と、それまで夫が強くて頑固で強情だったと思い込んでいる自分が、何も夫をわかって
いなかった事を恥ずかしく思うのです
相談している自分がいきがっている夫より強いなんて、夢にも思わなかったはずです
しかし、それが現実です

カウンセリングを受ける男女比率から、夫の弱さを認識してもらう事も非常に重要で
相談者の被害妄想や、過剰に不安になっている現状をまず抜けてもらうのです

『夫の弱さをこんなにはっきり認識できるとは思ってもいなかった』
『私の方が強い、夫婦は私が動かしてやる』
『夫の弱さに振り回される自分はもうやめる』

という信念を持ってもらってうのが私のカウンセリングでお伝えする大事な事です

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

関連記事

不倫夫に不思議はなく自分が勝手に作っている事に気付く

 

夫婦問題レスキュー隊相談者座談会風景動画

木村泰之のカウンセリングの考え方

 夫の浮気で相談する順番は①カウンセラー、②調査会社、③弁護士

全国の多くの相談者に交流会、座談会、木村塾など

で元気を交換していただいています(画像集)

夫の浮気、旦那の不倫、夫の裏切りを疑っている方

のための10のチェック項目(ぜひ確認してみてく

ださい)

夫の浮気 旦那の浮気 離婚修復 夫婦の会話ワンポイ

ントアドバイス動画

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA