不倫夫の見立てが誤っている事を認める事が自分を変える第一歩

不倫夫の見立てが誤っている

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者にとっては夫の
考えている事が全然わからないわけですが、それは自分の知っている夫を基準にして
いるからです

もちろん自分の知っている夫が夫の基準になるのは当然です
しかし、自分の知っている夫が夫の人格全てであれば夫がわからないという状況には
ならないわけです

どこかで自分が認識できていない夫がいると考えるべきなのです

『俺の事は何もわかっていない』
『俺はお前とはもうやっていけない』
『俺には俺の人生がある』

というような事を言葉にするのが不倫をしている夫です
そこから推察されるのは自分を嫌うという事よりも、

‘自分と比較する女の存在がある‘

という事です
それは夫の無意識に出る言葉なのです
しかし、妻である相談者が自分の知っている夫を基準に考えると、どうしても

『私は夫に嫌われてしまった』
『私が至らなかった』
『私をうけれいてくれていない』

と、まず自分の否定から入るのです

しかし、どの相談者の夫の不倫も共通しているのは、ブス女の異常なまでの執念で夫が
洗脳されているという状態です
そこに気付くのは、相談者が夫の知らない面を認めるところからです

そこにはどうしても自分が知っている夫が殆ど全ての夫という思い込みを取るところから
です
それはなかなか一人では取れないわけで、それを取ってもらうためにカウンセリングを
利用してもらうのです

『あなたの夫は正直特に強いわけでもなんでもない』
『どこの夫も似たようなものですよ、これ位の嘘は平気です』
『不倫している自分を必死に隠しているのですよ』
『あなたに真実を言うはずがない、言ったら怒られるだけと思っているのです』

と、そのさらしている態度や姿が強さではなく情けなくて小ズルくてブス女の子分に鳴って
いる事を説明します

最初は夫の強さや頑固さや優しさが疑いの余地がなかった相談者も、他の相談者の夫の
実例や、実際に起こっている事を目の当たりにする事でその夫の見立てが誤っている事を
認めざるを得ないのです

しかし、それを認める勇気を持った相談者こそが強く状況を変えているのです
夫の見立てが誤っているという事は、すなわち自分を変える事に他ならないのです
夫ではなく自分を変えるという事は、その意識の変化に逃げないという事です

自分が変われば相談者も笑顔が戻る事を、日々のカウンセリングで見ている私からすると
夫に翻弄されている事ほど馬鹿らしい事はないのです
夫とブス女のアホさを相談者が負けてはいけないのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら