夫の不倫に自分の得手不得手ではなく使命感で行動しなければいけない

夫の不倫に使命感で行動する

夫婦カウンセラーの木村泰之です

毎日発生する私の相談者とのカウンセリングでは、何が一番大事なのかと言えば
相互の意思の疎通です
その疎通というのは、どういう事なのかと言えば

‘いいも悪いも含めて‘

という事です

いいという部分は例えば相談者の真面目な性格とか、不器用な生き方をしっかりと
把握するというようなイメージです
逆に悪いというのは、相談者の曖昧にしている事や優柔不断になっている実態という
イメージです

いいも悪いも相談者の人格というかそのものです
そのいい部分と悪い分をカウンセラー木村泰之がしっかりと把握しなければいけない
わけです
そうでなければ、いい事だけとか悪い事だけを抽出しても的確なアドバイスはできない

そういう意味でも、私は相談者には

『これは〇〇さんのいい所ですが、ここは変えていかなければいけない』

と、明確にお伝えする場面が多々出てきます

相談者にとっても、いい事だけでも悪い事だけでも片手落ちとわかってきます

『現実をハッキリ言ってほしい』

という本能がどの相談者にはあるのです

最初は夫の不倫の実態も含めて

『現実を知るのは怖い、何も知りたくない』

という思いで一人悩んでいます

しかし、結局は夫はそのおかしいという空気や匂いを消せないわけです
いくらふたをしても、結局相談者にはかき消せないのです
それは相談者自身にも言える事です

『私はある程度白黒をハッキリさせる、それはいい所だと思う』
『人と軋轢をうまずに、やっていける性格』
『なんだかんだ言って、物事を的確に見る自信がある』

といういい部分も知る事が大事です

かたや

『私は夫には依存している、本当に過剰に頼っている』
『一度気が抜けると、気が緩んでだらしなくなってしまう』
『どうしても夫を必要以上に問い詰めてしまって、逆ギレされる』

というような、悪い所も知る事が必要です

その中で、いい事や悪い事という分別ではなく

‘やらなければならない事‘

‘やってはいけない事‘

を明確にするのです

そこから、自分の中で行動が主体的になるのです
自分のいい所も悪い所も、カウンセラーと共有するのです

しかし、やらなければいけない事ややってはいけない事を理解している状況を作る

のです
その切り分けがつけば、相談者は自分の得手不得手ではなく使命感で動けるように
なるのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら