不倫夫は自分の夫の前に社会の犯罪者という意識が行動を変える

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、なかなか自分の思いが
夫に通じないという状況の中で相談者はどういう自分を保つべきなのか

『夫には何を言ってもムダだと言われて話ができません』
『私が話しかけるとものすごくイヤな顔をします』
『お前と話してもムダだと言われるだけです』

という夫の言葉に夫婦の会話がない事を嘆くのです

その不安や怖いというような心境になるのは仕方がない事です
誰だって夫にそういう態度を取られたら、苦しい気持ちになるのは当然です
ならない方がおかしいくらいです

しかし、ここでよく考えなければいけない事があります
その夫婦の関係は一見いびつに見えるわけですが、よく考えると不倫という犯罪を
起こしている男と普通に会話が成立する方がおかしいのです

私が相談者によく言うのは、

‘夫の前に犯罪者‘

という意識が必要という事です
一番近いのが薬の中毒者です
薬の中毒者はもちろん警察に捕まる対象者です

不倫で警察に捕まる事はありませんが、それはただ単にそういう法律の解釈がそう
なっているだけで、もし日本の法律が不倫は逮捕となれば誰もが犯罪者という認識
が明確になります

要は不倫だろうが薬の中毒者であろうが、周りに見境なく迷惑をかけるわけです
人を傷つけたり、社会に迷惑をかけている人間という事です
そういう状態になっている夫と

『夫婦の会話が成立しない』

と嘆いていること自体がおかしな話です
どうしても夫という見方だけで接していると、その犯罪者との会話とは気付かない
というか意識がないのです

そもそも不倫夫を嫌う側は誰なのか
それを考えると、自分が夫に嫌われたくないという事は犯罪者に嫌われたくないと
いう事でしかないのです

犯罪を知れば普通の人はそれを放置しない、絶対にどうにかする事を考えるのです
自分が被害者であればその犯罪者は憎むべき対象ですし、決して嫌われたくないと
いう対象ではないのは明らかです

そういう見方を夫に留めている相談者の思考を変えてもらうのです

『夫の前に犯罪者と思わなければいけないですよね』

と、少しでも夫という見方だけの自分から違う見方を持つようにしてもらう事が
カウンセリングの大きな意味なのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)


 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら