不倫ブス女を叩いて3合目でここから夫婦の本番を想定する

(本日上記動画画を更新しました)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、夫の不倫で相談者が
私のアドバイスを受け、意を決していろいろと行動に移すわけです
その中でよくあるパターンがブス女を叩くという事です

するとその戦いの後で、夫のアホさがいろいろと出てきます
もちろんどこかでブス女が相談者に攻め込まれた事を聞いて

『お前は何をしているのかわかっているのか』
『俺とお前はもう終わっている、女は関係ない』
『何でこんな事をするんだ、絶対に許さない』

という様な逆ギレをするのです
その夫を見て、ブス女を叩いた安心も出て少し夫に

『私もやりすぎたかもしれない』
『女を守る夫をどうすればいいのだろうか』
『少しは反省するかと思っていたのに、やっぱり違うんだ』

という思いが出てきます
そこから、夫に対して優しくとは言わないまでも少し弱くなるケースは少なくない
わけです
その時にどういう自分でいるべきなのか

私は相談者に

『ブス女を叩いてやっと3合目です、まだまだ先は長いです』
『ブス女を叩いてからが本番ですよ』
『夫のアホさをしっかりと見るまたとないチャンスです、弱っている場合ではない』

というお話しをします

相談者もブス女を叩く前からそれを聞いていると、全然違うのです
そもそも夫がブス女を叩いたくらいで、反省するケースは稀です
むしろブス女にわけのわからない男気を出して

『俺の大事な女をいじめやがって』
『俺の知らない所でこんな事するなんて』
『あいつは絶対に許せない、離婚だ』

と、身の程知らずの事をほざくわけです
その姿を先に想像していれば、慌てふためく事などないわけです
むしろ

‘ここからが夫婦の本番‘

という状況に進むわけです
そこに相談者の気持ちをセットするために、カウンセリングでブス女にとの戦いだけ
でなくその後の夫の出してくる態度や言葉も予め頭に入れておいてもらうのです
すると相談者は

最初から聞いていましたので、夫の態度には驚きません』
『夫はやはりこうなるのかと、想定内でした』
『ここからが夫婦の本番という意味がよくわかります』

と、自分ではブス女を叩けば夫は少しは変わってくれると甘い期待をしていた自分では
全然話にならなかったかを事前に知るのです

カウンセリングでお話しする目的は、ブス女を叩く事ではなく相談者が夫婦の主導権を
握るという事です
その中で、ブス女を叩いた次に出る夫のアホさにもしっかりと対処する意欲が出るのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら