夫の不倫に動かない自分が大きなリスクを負っている事に気付く

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、不倫している夫には
自分がどうしても言いたい事を言えないままで悶々としている方が非常に多いのです

『夫の不倫を見つけた事を言っていませんが、夫は気が付いたらしくいきなり離婚を
切り出されました』
『夫は見え見えのウソを私につくのですが、それに言い返す勇気がなくて』
『夫の気のない態度に私も合せるのが苦しくてどうしたらいいかわかりません』

というような態度になるのです
しかし、その中では何かにつけて夫の出方を見る自分です
それが本来の夫婦という関係ではなく、自分の視界にいない不倫ブス女と自分の
どちらを選ぶの、という

‘待ちの自分‘

でしかないのです
何か下手に動くと

『オレには大事な人がいる、それをオマエは責めるなんて』
『オマエにはもう何も感情はない、それがオレの本音だ』
『何かしたら絶対に許さないからな』

と逆ギレするのは、日本全国の不倫夫の共通項です
それを自分の夫だけが強く出てくると特別感を持っているから弱るのです
そもそも、そんな事を言っている時点で情けないオッサンです

ハッキリ言って自分に見る目がなかったとも思うべき事です
しかし、それはそれとしてこの夫の態度に許せないという思いを持っていなければ
夫婦ではないのです

私の相談者には

『夫婦をどう考えていますか、妻だからこそ夫の不倫に毅然とする権利も義務もある
のではないですか』
『苦しいかもしれませんが、ピンチではなく今のいびつな夫婦を根底から変える最大
のチャンスです』
『今のままじっとしていても別居の可能性もありますし、女の妊娠も大きなリスク
ですよ、動くリスクだけ考えていてはダメですよ』

という事を伝えます
それを聞いた相談者は

『そんな考え方をした事はありませんでした』
『全然気が付きませんでした、自分だけではわからなかった事です』

という反応が出ます
そこから自分ができる事がまだまだあるどころか、全然やっていなかったいという事
に意識が向きます

夫の不倫にただ状況が変わらないかを待っている自分をやめる
台風が通過するのとはわけが違うのです
夫と不倫ブス女は悪意を持っていつまでも勢力を拡大して、妻が困る事や悩む事を
続けるわけです

その勢力を蹴散らすためにも、多くの味方をつけて戦うのが私の相談者です
それをやり始めると、じっとしていた自分が本当にそれこそ何も考えずに生きていた
というくらい弱かった自分を恥じるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

関連記事

不倫夫とブス女に痛い目にあわせる事が妻のあるべき姿

 

夫婦問題レスキュー隊相談者座談会風景動画

木村泰之のカウンセリングの考え方

 夫の浮気で相談する順番は①カウンセラー、②調査会社、③弁護士

全国の多くの相談者に交流会、座談会、木村塾など

で元気を交換していただいています(画像集)

夫の浮気、旦那の不倫、夫の裏切りを疑っている方

のための10のチェック項目(ぜひ確認してみてく

ださい)

夫の浮気 旦那の浮気 離婚修復 夫婦の会話ワンポイ

ントアドバイス動画

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA