夫とブス女の得意技の不倫を責任転嫁されるサレ妻から脱却する

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

(昨日上記動画更新を更新しました)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、どうしても相談者が
こだわるのは夫からの寵愛に似た、夫から見た自分の優先順位です
なぜなら、予期せぬブス女という同性の出現があるからです

その出現と共に自分の防衛本能が働くからです
その本能は相談者自身も隠しきれない事象です

『お願いだから私を苦しめないで』
『私が悪かったから、許して』
『いい奥さんじゃなくてごめんなさい』

というように、どうにかブス女との比較に負けてはいけないという心理です

その心理が夫の下に入ろうとする自分を作るのです
それはまさしくブス女を脅威に感じている~に他ならない
私の相談者がブス女の事を

『夫がすごくいい人が今度同じ部署に来たと言っていましたが、その人が怪しいと
思っていました』

というように、夫が気に入っている女を心のどこかでインプットしています
その女が突如としてブス女という事を知ると

『夫が気に入っている女、どうしよう』

という動揺が出ると同時に、自分の方に目を向けさせなければいけないという心理
が働くのです
その態度や様が一番逆効果なのです

しかし、そんな事は知る由もない相談者は、とにかく夫の気持ちを取り戻そうと
必死になるだけです
つまり不倫という悪事が、正す事ではなく非を認めてやめてもらう事にすり替わる

そんなバカな事はないのです
夫とブス女の不倫は夫婦間のいざこざは関係ない
あると言っているのは、この当事者の犯人二人だけです

その二人の犯人を見逃さずに捕まえるのが社会の義務です
妻はその一番の権利と義務を持っているのです
その権利と義務は、自分が弱くなって夫にすがっているうちは決して行使できる
事ではない

自分が妻というだけでなく、

『私は迷惑を被っている人の気持ちを代弁してこの二人を許してはいけない』

という意識がいるのです

夫と妻で捉えていては、このバカな二人が巧妙に自分のせいに押し付けてくる
のです

それをカウンセリングの中で

『私が弱っていたらこの二人はますます調子に乗るだけ』

という、悪事を撲滅するモードになってもらうのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら