不倫で妻がバカ二人背負わされているハンディを埋めるのが木村泰之

夫婦カウンセラーの木村泰之です

夫が突然よくわからない言動を出して、何がどうしたのかさっぱりわからない
状況に陥る方が数多くいるわけです

『俺はもうお前とは無理だから』
『前から考えていた、とにかく別居したい』
『好きな女ができた、別れてくれ』
『俺も俺の人生がある、今まで尽くしてきたはずだ』
『何を言ってもムダだから、諦めろ』
『何で別れない、これ以上俺を苦しめるな』
『早く俺を楽にさせてくれ、お前に望む事はそれだけ』
『今まで俺を苦しめてきたのがわからないのか』

というような、被害者面した言葉が並ぶわけです

その言葉を聞けば誰でも

『この人いきなりどうしたの、頭大丈夫かしら』

というように、とにかく、夫のメンタルを心配する心理が働きます

そしてその状況が好転しないと、

『私が悪いのかしら、夫をこんな風に変えてしまったのは私に原因があるのかも』

と、突然の異変の驚きを通り越してその原因を自分に向け始めます
そこからは、夫には腫れ物に触るような接し方になってしまいます
その状況では妻である相談者ができる事が、非常に限られてしまっているのです

そういう中でカウンセリングを受けに来た相談者に

‘ハンディを負っている状態‘

という事を説明するのです

そもそも妻が知る由もない事が起こっているのです
しかもそれは、いつから始まったのかも定かでないわけです
その中で、夫が油断したり異変を出した時に

‘もしかして‘

という女のカンが働いて初めて知るのです

そういう意味では、時間も実態も後からわかってくるハンディがあるのです
それをこのバカ二人は、わかっていて隠れてコソコソやっているのです
その相談者が見えていない事をしっかりと説明すると

『私は舐められていたんですね』
『夫を可哀想とか思っている自分が本当にバカでした』
『私は勝手に加害者にされていただけですね』

と、このバカ二人の悪行に怒りがこみあげてくるのです
夫を病人扱いにしている間に、結局バカ二人は

『奥さんお気の毒、何も知らないままでいて欲しい』
『このままの時間が続けばいい、私たちにとってはハッピー』
『奥さんは奥さんで幸せだからいいじゃない、私は悪い事をしていない』

と、本当に心から腐っているというか悪気も何も無い状態なのです

それを相談者が、夫を被害者で自分が加害者にしているという事は不倫をアシスト
していたという事に他ならないのです
木村泰之のカウンセリングでは何もわかっていなかったハンディを埋めて、自分の
納得する
まで行動していくアドバイスを伝えるのです

その中で

『人生自分が緩むと、夫さえにも騙されるという事をつくづく感じました、もう
絶対に前の自分には戻りません』

という信念が出てくるのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら