不倫に‘起こってもいない事` にビビるをやめて‘自分が起こす事‘ に期待する

夫婦カウンセラーの木村泰之です

カウンセリングを受ける相談者の中には、多くの事を考えすぎてしまっている
方が非常に多いわけです
その多く事というのは、

`起こってもいない事`

です

『私が下手に女に接触したらものすごく逆ギレすると思います』
『夫は私の事を絶対に許さないと思います』
『もう離婚されるはずです、私は呆れられています』

と、とにかくこの不倫に対して自分が加害者であるかのような錯覚です
その中では、夫に何かを言われるとかされるという被害妄想が強くあります
被害妄想というのは、

`起こっていない事`

です

頭の中で勝手に起こるはずとか、起こってしまうと考えている事です
しかし、現実にはそんな事は起こる可能性は非常に低いのです
なぜなら、その被害妄想は自分が夫に対する加害者という前提があるからです

『こんな事をすると夫は絶対に私を許すはずがない』

というように、自分が夫を責める事が大きな要因になっているのです
しかし、不倫されている妻が加害者であるわけない
世の中の人は

『奥さんやお子さんが可哀想』
『この旦那は何を考えているんだ』
『バカじゃないの、いい年して』
『多くの人に迷惑がかかっている事を分からないのか』

という認識です

そう思っていないのは、自分を加害者にしている相談者である妻だけです
それもこれも、

‘夫婦のいびつな構図‘

がもたらしているのです

夫の言う事には従うとか、何かを言うと面倒だから反論しないというままの夫婦は
世の中少なくありません
それはそれで、その当事者の日々のかんけいですから周りがとやかく言う事ではない
わけです

しかし、それが何か不倫のような不測の事態が起こった時には問題になる
しかも不倫は、その主導権を握っている夫の方が悪事を働いているわけです
そうなると

`黒いモノを白`

と言いますし

‘×を〇‘

にすり替えるのです

それを当り前のようにされているわけです
そこに

`起こっていない事`

を心配している要因があるのです

そもそも不倫している夫とブス女が悪いのです
妻は何も悪くない
それをカウンセリングの中で、口酸っぱく言うのです

そして、

『ブス女を叩いて夫が逆ギレしても、所詮大した事ではありません』
『あなたが毅然とする自分を作れば、このバカ二人はあなたが怖いのですよ』
『あなたは加害者ではなく被害者で、加害者は夫とブス女ですよ』

という言葉に

『私がビビっているから、何もできないんですよね』
『こんな事で弱らさられている場合じゃないですよね』

と、自分に喝を入れるのです
そこから自分が

‘起こってもいない事‘

にビビるのではなく、

‘自分が起こす事‘

に期待をする自分に変えるのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら