浮気した夫の責任の取り方は何も考えずに離婚を口にするだけ

夫婦カウンセラーの木村泰之です

浮気した夫の責任の取り方は、非常にアバウトなものです
夫との修復には、自分の成長について来れない夫を心配するくらい強くなることが
です

浮気が発覚すると、妻にとっては不意を突かれるので、最初は夫が強く見えたり
します
相談者に夫の性格を聞くと、びっくりするくらい同じ答えが返ってきます

「うちの主人は優しくて真面目です、浮気をするなんてとても信じられません」

と優しくて真面目な男に、正直強さはあまりありません

浮気している間は、女からのコントロールで夫自身強くなった気がするのです
しかし、現実は夫もびくびくしているケースが多いのです
優しくて真面目な夫は、妻と女の両方でバランスを取ろうとします

ちょうど毎日家庭とブス女を皿回しして、止まらないまらないように仕事を
しているのです
女が強く出ると慌ててなだめ、妻が不審に思うと急いで機嫌取りをして、仕事で
ミスをするとシュンとして心休まる時が無い状態です

そういう夫がなぜ浮気を続けるのかと言えば、続けたいのではなくそこから抜けられ
ないのです
女や妻から見ると、

「男ってバカ」

な態度や行動に出ますが、それは自分の意思ではなく怒られたくないとか、バレたら
やばいという弱さからくるのです
見え見えの言い訳や、見つけて頂戴というところにラブホテルのカードやレシートを
置いたりします

それは女、家庭、仕事をこなすだけになり、細部まで気を配れないからです
そこに、夫を責め続けるとどうなるか
真面目で優しいゆえ最後は弱いと見せかけている女にたなびくか、開き直って妻に
離婚を言うのです

どちらにしても、離婚をすればいいだろうと開き直る可能性が高い
なぜなら、追い込まれた夫は、女にも妻にも自分が取れる責任は、離婚する事と勘違い
するからです
妻も責めるのは仕方がりませんが、責める事と修復する事は多くの場合矛盾します

責めるのはあるところで止めて、夫に責任の取り方が離婚じゃない事を教えるのが
修復へのアクションです
そもそも、夫は自分が悪い事をすれば

『もう今さら許してもらえるはずない』
『何を言っても言い訳になる』
『離婚するしか俺にできる事はない』

という思いです
そこから、夫の中では不倫で有責配偶者という離婚の権利がない立場であるにも拘わらず

`離婚して責任を取る`

と、大きな勘違いを連呼します
その理由は二つです
一つはブス女が離婚を後押ししているからです
それは、ブス女も夫が離婚すれば

『私がこの男の面倒を見る』

という、アホな思いを持っている

そしてもう一つは、夫が

`煮るなり焼くなり好きにしろ‘

的な開き直りをするからです
そこには、多くの相談者が責任の取り方はそこじゃないと思っています
しかし、こういう時の夫は

『じゃあ俺にどうしろと言うんだ』

という、

‘居直り強盗‘

のように、座り込むような根は小心者の犯人のようなものです
この二つが離婚して責任を取るなんて、誰もが許さない事を言う理由です
それもこれも、夫は夫婦や社会に真摯でない証拠です

ブス女との不倫で夫はどこかで自暴自棄になる
社会とは隔離されているとか、俺は真っ当には生きていけない位のアホな感覚に
陥るのです

そして頼れるのはブス女だけという、狭い世界に浸って世の中に背を向けるのです
そうなると離婚がまるで、会社で不祥事を起こして

『責任をとってやめます』

と、上司からすると

『お前がやめても責任をとった事にならない』
『お前ごときがやめても、この不祥事は解決しない』

という思いです
その勘違い部下のように、本当に責任が取れるワケでもないのに自分の首を差し出す
事で、潔さを出している自分に酔っているのです
そんな少しも男らしさがない夫の離婚をエラそうに言う状況に、妻としては

『あんたに離婚なんてさせないし、そもそも資格がない』
『離婚を決めれるのは私だけ』

という自分を出すのです
そこに開き直る夫が、いかに恥ずかしい事を言っているのかを鮮明にさせるのです

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら

1 個のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    夫がそのまんまでした。ありとあらゆる嫌がらせしてきましたけど。
    今は離婚の修羅の中にいます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA