不倫をやめてではなく許さないでなければ自分が自分ではなくなる

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者とお会いしていて
この人は夫を変えたいという気持ちが満々というイメージのケースは少なくありません
そもそも夫を変えたいという気持ちは、

`夫の不倫をやめさせる`

という同義です

その気持ちはよくわかりますし、そう思うのは当然の思考です
誰でも夫の不倫を知れば、妻であればそう思っているのです
しかし、ここで考えなければいけない事があります

それは

`世の中自分やらなければいけない事が先`

という事です

不倫は何かと言えば多くの人に迷惑のかかる悪事です

『俺は何も悪い事はしていない』
『私たち愛し合っているからそれが何か問題あるの』

というのはバカ二人の理屈でしかないのです

周りの人間からは

『あの人とは一緒に仕事したくない
『気持ち悪い、絶対に近づきたくない』

という思われているのです

そして

『もうこのアホな二人は無視して自分の幸せのために離婚すれば』

という言葉を投げかけられてしまうのです

しかしそれでは、世の中の秩序が保たれなくなるのです
人に迷惑をかければ、落とし前をつけなければいけないのは世の中のルールです

それをつけさせるのは誰か

他でもない妻です

その妻が不倫をやめて欲しい位のスタンスでは、現実は何も変わりません
私の相談者が現実を変えている時は、

‘不倫をやめて欲しい‘

ではなく

‘不倫を許さない‘

という決意をした時です
その両者の意識の違いは大きな差があるのです
物事を推し測る基準として、希望的観測と義務的思考では全く違うという事です
希望はあくまでも希望ですから、

『不倫をやめてくれたらいいのにな』
『不倫が終わったら私も安心できる』

という捉え方です
しかし、それでいいはずがない
不倫という犯罪を一番間近で知っている妻が、人として希望的観測でいいはずがない

『こんなバカな事を放置したら、私が何してんだと周りから言われる』
『他人に迷惑をかけてる事に、黙ってみていていいはずがない』

という使命感がなければ、妻としても社会に身を置く一人の人間としても立つ瀬がない
という思いがいるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら