妻の立場は不倫ブス女を`理解できない`という評論家でなく刑事

 

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者の思考の中で

どうしても理解できないのは夫の頭の中です

しかし、夫の頭の中以上に理解できないのがブス女の頭の中です

なぜなら、ブス女は同じ女という感覚があるからです

『相手の女は何をしたいのでしょうか』

『何でこんな不倫を続けるのでしょうか』

『もっと独身の男を探せばいいと思うのですが』

『この状態で女として幸せになれると思っているのでしょうか』

というように、意味不明な行動というか思考にしか映らないのです

そう思うのは当然の事ですし、思わなければおかしいのです

しかし、ここで考えなければいけないのは

`ブス女は犯罪者`

という事です

例えばテレビに出てくる犯罪者は、男も女も理解できないというよりも

『こんな事してバカじゃないの』

『こういう人間はもう世の中に出てきてはいけない』

『絶対に許していけない』

という感覚です

つまり、理解できないというレベルを超えているからそう思うわけです

というよりも理解を試みるには足りない人間なのです

そう考えるとブス女も当てはまるのです

そもそもブス女を同じ社会生活の一員と考えているから、理解を試みても不可能

なのです

最初から

『このブス女は社会に不適合な人間』

と見ていれば、理解できないという言葉すら出てこないのです

だからこそ

`ブス女は犯罪者`

という定義なのです

そこに下手に市民権のある人間のような甘い考えで見ていれば

『もっといい人見つければいくらでもいるはずなのに』

『こんなバカな事やめればいいのに』

と、こちらがブス女の評論家になってしまうのです

ブス女と相談者である妻は

`同じ社会の同性`

の枠組みを超えて

`犯人と刑事`

なのです

そういう意識でいなければ、このブス女のイカれた頭を見抜けないまま自分が大きな

被害を受けて泣きを見るのです

それでいいはずがないのです

しっかり自分を評論家ではなく、犯人を追いかける刑事になる意識を持つのです

そこから

『私はブス女を避けていた、あのまま避けていたら本当にヤバかった』

という事実に直面するのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら