不倫夫を頭がいいと思っていた自分が恥ずかしいと言えるのが普通

夫の頭がいいを否定する

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者の心の中には
自分の非を責めるというか、自分の至らなさを悔いるという気持ちが強くあります

不倫をしているのは、夫とブス女ですがなぜかしら何も悪くない妻が一人で悩んで
その当事者二人は、アホ面下げて外でニコニコ密会しているのです

『お前が何も俺を大事にしてこなかったからだ』
『俺はお前じゃなくてもいいんだ』
『俺にはもうお前はどうでもいい存在だ』

という言葉に

『どうしよう、捨てられる』
『今になって夫の大事さが分かった』
『私は本当にダメな妻だった』

と、何だか自分のせいで不倫をしているという構図を自らストーリーを作って
いるのです

『何でこんなバカ二人に私が泣かされなければいけないの』

とすぐに考える妻はほんの一握りです
なぜこうも気が付かないというか、自分を下げるのか
結局は夫に過剰に人生を預けているわけで、夫にそっぽを向かれたら自分は生活力
がないと本能的に考えるからです

しかし、生きていけないかといえばそんな事は全くないわけで、今の日本で 餓死
する方が難しいのです

それくらい、勝手に自分がもう生きていけないと思うのは、世の中の事を全然勉強
していない自分がそうさせるのです

私の相談者も主婦の方でなくても仕事を持っている方も数多く来ますが、その方が
世の中をわかっているかといえば、多くの場合はノーです

わかっているのは、自分の所属する記者や組織の中で与えられた仕事のやり方だけ
です

例えば、本当に政治や日本の経済と言わなくても、日ごろ起こっている事件や問題
について、自分の意見を言えるのかといえばニュースやネットに書いて
ある事を
うのみにしているだけです

それは正直夫も同じです
頭が良くて理論的に見える夫は、会社の誰かの作った資料を単に棒読みしている
だけですし、先輩から脈々と受け継がれた言葉や言い回しを後輩やお客にそのまま
伝えているだけです

それを知らないから家に帰って、その日会社で何かあった事を夫から聞くと

『本当に夫は頭がいいんだ』

と馬鹿な事を思わされているだけです
そんなままごとのような夫婦をやめるためにカウンセリングでは、その世の中
をわかっていない事を自覚してもらって、勉強してもらうのです

それを続けていると、本当にこんなつまらない事でだまされていたのかという事を
誰もが思うのです

『本当に自分が情けないくらい夫を信じ切っていました』
『自分が怠けてた事を痛感します』

という自分が最大の敵という事を理解します

そこに到達すると、本当に夫とブス女のアホさに自分が何をすべきかがわかって
くるのです
自分の中で止めていた自分を動かす、そして絶対に二度とは止めないというミッション
を課すのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA