不倫脳夫と対峙するのに必要なのは優しさではなく強さ丈夫さだけ

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、カウンセリングでは
様々なお話しをするわけですが、その中で私が強く意識する事が幾つかあります

その中で特に強く意識している事は

‘相談者を丈夫にする事‘

です

そもそも相談者は夫に

『俺を大事にしてこなかっただろう』
『お前は俺に優しくないだろう』
『お前の強いところが嫌なんだよ』

という言葉に、

『私が優しくなかったからだ』
『私が強いから夫は嫌になったんだ』
『私が夫に気を遣わなかったからだ』

という思い込みを持つわけです
その思い込みを持っている相談者はカウンセリングで

『もっと強くならなければいけないですよ』
『自分が丈夫にならなければ、これからの人生やっていけないですよ』
『夫に負けてはいけない、自分の意思を出すのですよ』

という私の言葉に

『ただでさえ強いのが嫌と言われているのに、もっと嫌われるのでは』
『優しさが足りないと思っているのに、強さがいるのかしら』

という捉え方をします
しかし、私からすると相談者の強いは本当に上辺の強さでしかないのです
言い換えると、

‘夫がまともな時に通用する強さ‘

でしかないのです
夫が不倫脳でアホになっている時に吐く言葉は、妻に対しての暴言でしかないのです
その時に妻が強いとか優しくないと言いますが、それは自分の悪事をすり替えている
だけの言葉です

結局その言葉を信じていると、夫とブス女に騙されるだけで弱るだけです
そこから自責の念とか、勘違いの強さをこれ以上必要のない優しさを求めるいびつな
自分になるのです

夫に勘違いをさせられている相談者に目を覚ましてもらうのが私の役目です
相談者にはもう優しさはいらないのです
この現実を打破する強さだけがいるのです

それは相談者も心のどこかではわかっている事ですが、一人ではなかなか踏み出せない
ままでいるのです
その背中を押して、人生に強さ丈夫さを追い求めてもらうのです

『私の敵は弱気になる自分です、本当によくわかりました』
『夫に優しさなんていらない、私がしっかりするだけですね』

という言葉が出た時に、私が丈夫さの必要性を強く言う意味がよくわかるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら