ブス女やメディアの操作で不倫夫だけ悪者になっている事に気付く

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者にとっての
夫婦と、夫にとっての夫婦は一体どう違うのか
カウンセリングの中では、どうしてもそういうお話しが出てくるわけです

『オマエとオレはもう一緒にはやっていけない』
『オレは結婚に向いていなかった』
『如何してお前と結婚したんだろう、それだけが間違いだった』

という夫の言葉に、

『私にはこの人しかいない』
『もうこれで結婚相手を探さなくていい』
『結婚できてよかった、幸せになれる』

という相談者の思いと対比させれば全くの真逆の心理を口にしているのです
その両者の結婚観というか夫婦への思いを言葉にすると、なぜこうも違うのか
夫は不倫をする前であれば、夫婦に対しての不満があってもそれ以上に自分が
安らげる場だったわけです

『何だかんだ言って家族が一番の拠り所』
『オレは家族を大事にする』
『家族がいるからこそ頑張れる』

という意識があったのです
それを一変させるのが不倫ブス女です
なぜブス女が出てくると夫は家族を大事にできなくなるのか

それは

‘ブス女の執念に負けるから‘

です
それはどういう事なのか
夫の不倫は良く世の中のメデイアが捉えると

『旦那サイテー、あり得ない』
『そんな夫捨てればいいのに』
『奥さんかわいそう、何て夫なの』

というなるように、夫の方ばかりを取り上げます
しかし、不倫には当事者は二人いるわけで、その片方のブス女については
あまりメディアも矛先が向かないのです

例えばベッキーとか山尾衆院議員とか、ブス女の方が知られているとメディア
もそちらを取り上げた方が注目されるからそちらを悪者にします
しかし、渡辺謙とか三遊亭圓楽のように男の方が有名であれば夫の方ばかりを
パッシングします

それも一種のメディア操作です
しかし、℃の不倫でも結局悪いのは夫とブス女で被害者は妻です
それを世の中の風潮として、夫が加害者でブス女と妻が被害者のようなイメージ
で捉えられているのです

そこに夫は不倫をしていると世の中を敵に回したような意識になり、本当は同罪
のブス女が被害者面して

『こうなったら私はあなたの味方だから』

と救世主というか、夫の理解者になって世の中とか妻から一緒に戦ってあげると
いうような演出をするのです
そこに、夫はまんまとはまって妻に攻撃的になって家族や夫婦をないがしろにする
言葉を出すのです

そのブス女やメディアの情報操作で夫も妻も不倫に対しての行動や思考がおかしく
なっているのです
それをカウンセリングで不倫の構図というか、夫やブス女の心理を正確に把握して
もらうのです

そこから多くの事がわかると、知らない所で都合よく不倫の実態をねじ曲げている
力が働いている事を知るのです
ブス女やメディアによって、夫一人が悪人になっている実態を変える義務を持って
いる事に気付くのです
 

 

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら