夫の不倫はいつ終わるかの答えは夫婦を続けるまでと決意する

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者にとっては夫の事が
常に気になっている毎日です
しかし、気になっているだけで現実は何も変わらないどころかどんどんひどくなっている
からこそ、私ところに相談に来る方が絶えないわけです

そういう方にお話しする事は

`自分都合の考えをやめる`

という事です

『うちの夫はこんな事する人じゃないです』
『私にこんな事が起きるなんて想像もしていませんでした』
『私の場合ですと何をすればいいでしょうか』
『修復したい、ただそれだけです』
『このようなケースではどれ位解決に時間がかかるのでしょうか』

という言葉を殆どの相談者が出すわけです

その中で心の奥底にあるのは、

`どこか他人事にしている意識`

です

自分の夫がこんな事するはずはない、自分に降りかかるなんて、解決方法を教えて欲しい
早く終わらせて欲しいと、一見聞くと当たり前の言葉です
しかし、そこにあるのは夫婦に想定外の事が起こったので自分ではどうしようも無いから
早く誰かどうにかしてという、お手上げの意識です

しかし、夫婦になった時にはどういう自分でいたのか

『何が起こっても二人で乗り越えていく』
『他の人に頼らないで自分たちで頑張っていく』

という意識が少なからずあったはずです

それが相方の夫がおかしくなったた事で、途端に夫婦の事はわからなくなってしまった
という意識というか考えになっています

それでは周りに

『あなたたちは所詮それまでの関係なのよ』

と言われるのがオチです
相談者もそれはそれで嫌なのですから、自分でどうするかを主体性を持って考える必要が
あるのです
それこそが自分都合をやめるという事です

夫婦がおかしくなるのも、別に珍しい事ではない
むしろ当然起こってもおかしくない事象です
それを自分の夫婦には起こるはずがないという自分都合をやめるのです

また、仮に頑張って解決すると思っても、その方法論を聞いたりいつまでかかるのかと
気にするうちは自分都合を続けているのです

なぜなら、自分の夫の夫の不倫は世の中で一つしかありませんし、いつまでかかるのか
と言えば、この夫と婚姻を続けているまでかかるのです
そういう夫の不倫を病気と一緒にしているのは、そう考えるのが楽、つまり自分都合を
続けているからこそです

『不倫夫と夫婦を続けていくのであれば一生の戦いです、それが嫌なら離婚すればいい
その権利を持っているのですから』

と言うと相談者も痛いところをつつかれたという顔をしながら、納得するのです
それと同時に全ての判断を自分がつけるという決意を固めるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら