想像絶するブス女のふてぶてしさと夫のアホさが不倫の構図の全て

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、私の相談者の中には
自分の夫に対して、とにかく最初から怒りを持っているという方も少なからずいる
わけです

その感情には

『自分の事を裏切って許せない』
『もう離婚してもいいと思っているけど、とにかく謝ってもらってから』
『私の中では夫はもういないものとして考える』
『お金さえ払ってもらえればいい』
『子供ん父親としてだけ存在してもらう』

というような感情があるのです

それはそれでよくわかりますし、当然の事です
しかし、ここで考えなければいけない事があるのです
それは、

‘不倫は夫一人ではできない‘

という事です

つまり夫への怒りだけでは片手落ちで、ブス女への怒りがなければいけないのです
ここであえていけないというのかと言えば、夫は一生かけて償いをさせればいいの
ですが、夫婦や家族に入っていはいけないブス女はとにかく一番先に排除する意識
がいるのです

そこに考えが及ばないというか、夫への怒りだけが頭を占めている事でブス女には
何も感情がわかないという方が少なからずいるのです
しかし、私の相談者がアドバイスを受けてブス女を叩くと、

『本当にふてぶてしい女でした』
『図々しくてずっと否定していました』
『オタクのご主人と話してくださいと他人事のように言う厚かましい女でした』

という言葉が並びます
それを聞けば、私が

‘親分ブス女で子分夫‘

という事がよくよくわかるのです

それを知れば自分がブス女を視界の外に置いて見たくない、考えたくなかった事が
一番遠回りしていた事がよくわかるのです
そして、夫の事はいくらでも後で考えればいいという順番を明確に理解します

ブス女の執念、嫉妬、コンプレックスは相談者の想像を絶すると同時に、夫のアホさ
も相当のものだとわかります
ブス女との直接的な接触が

『こんなバカ二人に苦しめられていたんだ、バカみたい』

という現実に辿り着かせるのです

そこから現実を避けていた、都合よく考える事で生きようとしていた自分に喝を入れる
のです
夫もブス女も自分の中で軽蔑の対象にしてこそ、

『このレベルで人生を過ごしてはいけない』

と、人生でしばし忘れていた必死な自分を作るのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら