【倫理観が発する違和感】が不倫脳夫の妻だけではいけない事を教える

不倫脳夫の違和感

 

夫婦カウンセラーの木村泰之です

 

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者は時間の経過と
共に様々な心境の変化が出てくるわけです

 

何でもっと優しくしてあげなかったのだろうかという卑下

 

 

最初は

 

  • 『私が悪かった、夫を大事にしていなかった』
  • 『何でもっと優しくしてあげなかったのだろうか』
  • 『私は本当に至らない奥さん』
  • 『こんなダメな妻はいない、絶対に幸せにはなれない』

 

というように、自分を卑下する状況があるのです

 

 

しかし、そこから少しずつ

 

『私だけが悪いはずじゃない、夫だっておかしい』

 

という事に気付くのです

 

自分ができていない妻という思いを追求するのに飽きてくる

 

 

そこには、自分ができていない妻という思いを追求するのに飽きてくるのです

 

そこからネットサーフィンで、さらに起こっている事を客観的に捉え始めるのです

 

『私は夫がおかしいという事を確認したい』

 

という心境に変わってきます

 

倫理観が発する違和感が警鐘を鳴らす

 

 

そこには、自分の今までの人生が発する

 

‘倫理観が発する違和感‘

 

が警鐘を鳴らすからです

 

そして、自分の考え方に一番合っているブログを探すのです

 

木村泰之のブログに書いてある内容が自分に一番しっくりきている

 

 

その中で木村泰之のブログを読んで

 

  • 『ここに書いてある内容が自分に一番しっくりきている』
  • 『ここにうちの夫の事が書いてある、驚きました』

 

という感覚を持った人が連絡してきます

 

私のブログは、相談者が冷静になり客観的な見方が出た時に目が留まる事が殆どです

 

 

 

夫から暴言を浴びたり別居に下手に出ても何も意味がない現実を知る

 

 

それまでは仮に読んだとしても

 

  • 『ここに書いてある事はわたしには無理』
  • 『結構過激な事が書いてある、こういう事ができる人いるのかな』
  • 『こんな事したら夫にもっと嫌われてしまう、怖い』

 

 

という心境になって、しばらく読まない方もいます

 

しかし、相談者が夫から暴言を浴びたり別居を言ってくると自分が下手に出ても
何も意味がない現実を知ります

 

そして、私のブログに書いてある内容の事が次々に起こっています

 

相談者が夫の信者から世の中の一員に戻る転機が生まれる

 

 

それを読んでいると、自分がしてきた事や今後起こる事がそのまま書いてあるという
心境になります

 

そして、とにかく自分に必要なものを探すためには現実と変わらないブログを選ぶ

 

そこから、相談者が夫の信者から世の中の一員に戻る転機が生まれるのです

 

自分で自分のプライドや生き方を取り戻す

 

夫の妻だけで生きていてはいけないという事を、確信するのです

 

勇気を持って、まずは無料電話・メールでご相談ください

無料相談専用電話

15分ですが、真剣にお伺いします

090-5515-8337

日月火水木金土10時~18時

カウンセリング中でつながらない時があります。

申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談

お問い合わせはこちら

できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します

3,000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性があります。

ワード、メモ帳などに一度保存して、コピー&ペースト入力下さい

有料相談メニュー

夫婦カウンセラーによる、人間関係改善のための具体的行動アドバイスを行います

メールマガジン

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』
無料:毎日午後13時+α配信

『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則』
まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

相談実例

過去の相談実例を、アメーバブログにて公開しております

記事を読むためには、アメンバー申請が必要となります

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら