不倫ブス女の妻へのコンプレックスが夫が子分に成り下がる根源

(昨日上記動画を更新しました)

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、夫とブス女はなぜ
不倫を始めて、なぜやめないのかを相談者はいつまでも考えてしまいます
もちろんそれを考えて悩むのは当然の事です

『この二人はどこで接触があったのだろうか』
『なんでこんなバカな事を続いているのか』

という摩訶不思議な気持ちです

しかし、そこに答えは出てこないのです
例えばブス女が会社の部下とわかったとして、その接触は容易に想像できますが
なぜ社内に知られるリスクを背負ってまで続けるのかがわからない

また、ブス女が場末のキャバ嬢の場合もどこの馬の骨なのかわからないのに関係
をやめない事に不思議でたまらないわけです
その気持ちはよくわかりますし、考えない方がおかしいのです

しかし、よく考えてみると夫は自分と違う男です
男は女には理解できない好奇心があるのです
それは夫婦を続けている中で感じる場面があるはずです

では男は好奇心があるから、こんなバカな事でものめり込むとしても、同性の
ブス女はどうかという事です
ブス女は女ですから、普通に考えるとリスクを負うのは嫌なはずです

しかし、いつまでも不倫を続けるバカな女です
それはなぜかと言えば、リスクを恐れる事よりもコンプレックスが強いからです
ブス女は妻に異常なコンプレックスがあるのは、どの不倫でも同じです

しかし、妻である相談者はそんな事は夢にも思っていません
そうなると、目の前にいる夫の悪態に苦しむだけになってしまいます

『奥さんと別れてくれないの』
『もう何もしてくれないなら別れて』
『私はいつまで待てばいいの』

と、妻と自分の比較に夫を責め立ているのです

そのブス女のコンプレックスは、世の中に知られる事や自分が責められるという
リスクは頭の中ではわかっていますが、妻に負けたくない気持ちの方が断然大きい
のです

そのブス女のアホさを夫が引き出しているとも言えるわけですが、その一度火が
点いたブス女の常軌を逸した執念には、夫は為す術もなく赤子の手をひねるほど
弱いものです

そうなると、ブス女の子分になりさがる事は必然なのです
その構図を知らなけば、相談者の将来には苦しさしかないのです
逆にこの現実を知って対処すれば、自分の可能性を大きく拡げるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら