夫婦は日米と違うのにトランプの機嫌を窺う安部の自分に気付け

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者には置かれて
いる状態や状況を何かに例えて説明する場面が非常に多いわけです
なぜかと言えば、相談者は自分の置かれている状況が全くわかっていないのです

それを何かに例えて説明されると

『本当にそうだ、その通りだ』
『あーそういう事なのか、私は何をしていたんだろう』
『例えて説明してもらえると私がいかにわかっていなかったかよくわかります』

という、まさに

‘目から鱗‘

状態なのです

例えば

『ジャイアンのブス女に命令されたスネ夫の夫に、いじめられるのび太があなたです』
『夫とブス女はクスリの中毒患者と売人の関係と同じです』
『あなたと夫は新興宗教の信者とエセ教祖のようになっているのですよ』

というように世の中によく知られる事に例えると、いかに自分や夫やブス女がおかしい
思考になっているのかがわかります
それはいかに相談者が例え話で、客観的思考になっているかの表れです

そして、夫と相談者を例えるならば

‘アメリカと日本‘

という構図でもおかしくないのです

要はなんだかんだ言って政治経済文化でもアメリカに依存している日本です
アメリカの機嫌を損ねたら大変な事になるという日本です
そのアメリカと日本は

‘日米安保条約‘

を締結して、日本が守られているようなものです
夫婦で言えば結婚して、守ってもらっているようなものです
しかし、そのアメリカの機嫌が悪くなれば

『条約は破棄する、自分の国で頑張れ』

と言われると、困るのが日本です

そのアメリカの機嫌を直すために、様々な戦闘機を買ったりゴルフで安部総理が
トランプをゴルフ接待しているのです
それを夫婦が同じでいいはずがないのです

夫婦は日米の国同士の関係とは違い、個人です
その個人の尊厳が捻じ曲げられるのが不倫です
そこに機嫌取りをしている自分でいいはずがないのです

アメリカと日本ではなく夫と妻は個人の関係ですから、自分ができる事をするのです
それは結婚してから対等であった関係を、いつしか自分が弱めているだけという事に
気付く転機なのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら