コロナも不倫の対応も夫でなく自分の考え行動でコントロールする事

夫婦カウンセラーの木村泰之です

相談者にとっては夫の不倫が起こると、それまで普通に暮らしていた自分に突如として
大きなトラブルが発生したという感覚になります
決して、

『ああ、また起こった、いつもの事だわ』

なんて悠長な事を言っていられないわけです

しかし、その状況の中で何をどうすればいいのかという事がわからないのが実態です
それをカウンセリングの中で、具体的行動アドバイスをするわけです
私の信条としては、相談者が今後の夫婦というか自分に自信を持ってもらう事が一番
ポイントと考えています

しかし、相談者の心理としてはとにかく

‘どうすれば夫が不倫をやめてくれるのか‘

という視点になってしまっています

もちろん、私からしてもそれは同じ気持ちです
しかし、24時間夫とブス女を監視できるわけではない
仮に何らかの方法で不倫をやめさせる事ができたとしても、またやるかもしれません

そう考えた時に、相談者に必要な事は

‘何があっても立ち向かえる強さ‘

を身に付けてもらう事です

これはある意味コロナウイルスへの対応とも通ずるところがあります
コロナウイルスはめにみえない恐怖ですが、それにびびっていては何もできない
それは誰もわかっていますから、とにかくできる限りの予防をしながら行動をする

仮に感染したとしても、

『できる限り軽症で回復するために、すぐに隔離してもらい治療に専念する』

という心構えを持つ事です

要は今の人類はコロナウイルスに対応する自分を作っていく事で、生活を取り戻して
いるのです
決してコロナウイルスを撲滅する事を考えていないのです

と言いますか、この世からコロナウイルスを無くす方法を考えても現実的ではない
のです
それと同じで、夫の不倫もいつどこで起こるかわからない

それをいたちごっこのように追いかけていても、自分の人生はアホな夫とブス女に
翻弄されるだけで終わってしまいます

それでいいはずはないのです

そもそも夫の不倫が自分の人生にあり得ないといいう決めが、自分を弱くしている
事に気付いてもらわなければいけない
なぜなら、夫は自分ではないのです

また、不倫は夫婦に緩みがある事が全ての原因です
それを作っているのは夫であり、自分でもあるのです
それは夫への過信や思い込みや、また自分への甘えもあるのです

そういうものと対峙しなければ、不倫に対しての強い気持ちで立ち向かえる自分が
できてこないのです
私がカウンセリングの中で強くなっていく事について話すのは、そういう考えの中
からです

わかりやすき言えば、相談者の視点が夫から自分に変わった時にこそカウンセリング
の意味を知るのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら