不倫夫は会社ルールは表面上守っても社会ルールは守れない精神年齢

不倫夫の精神年齢

夫婦カウンセラーの木村泰之です

突然起こった夫の不倫に悩む多くの相談者にとって、何かにつけて苦しむ
自分の人生に何を希望を見出せるのかという思いになります
夫から

『俺とお前は無理、もう別れてくれ』
『俺は自分の人生を進みたい、もうお前はお前で生きてくれ』
『俺にはもうお前に愛情はない、一緒に行っても意味がない』
『俺はもう決めている、俺の性格をわかっているだろう』
『俺の事を大事にしてこなかっただろう、今さら遅い』

と、夫は自分に夫婦の基準があるような言い方をします
しかし、現実は夫は不倫という悪事の当事者でしかありません
要は、夫婦の今後の動向を決める資格があるのは妻でしかない

不倫した側には法律で

‘有責配偶者‘

と認定されるわけです

有責配偶者というのは、字のごとく責任がある配偶者という事です
つまり、法律的に損害賠償責任を負っているという立場です
有責配偶者には夫婦関係を解消、つまり離婚できる資格がないのです

ここで勘違いしてはいけないのは、有責配偶者から離婚調停や訴訟を提起
できないわけではないという事です
悪人でも提起できる権利だけは持っています

よく相談者から

『夫から離婚できないと知っていますけど、離婚調停を起こしてきました
何でできるのですか』

という質問を受けます

それは調停も訴訟も、有責配偶者が提起できないわけではないからです
それは、調停や訴訟の中で妻も離婚に同意するかもしれない
しかし、普通は

『不倫しておいて離婚したいなんてふざけるな』
『夫の好き勝手には絶対にさせない』

という思いから、離婚に同意する妻は少ないわけです

要は、調停や訴訟で夫は有責配偶者を調停員や裁判官に知られて

『なんて身の程知らずな男』

と、恥をかいて離婚できない事を思い知らされるだけです
しかし、そういう時の夫は自暴自棄になっているので

『妻のやっている事には絶対に邪魔をしてやる』
『妻が嫌がる事をしてやる』

というように、子供以下の精神年齢です

そのアホな夫に、妻が右往左往してはいけないのです
そもそもその程度のIQしか持ち合わせていないのです
それを知る転機がこの不倫です

自分の立場や給料が絡む会社のルールは表面上守っていても、社会のルール
は守れないのがアホな夫です
その現実をしっかりと知る事で、今後夫婦を続けるのであれば

『私が夫婦の主導権を握らなければいけない』

という使命感が出てくるのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら