`あなたを信じる`相談者の信者呪縛を解くカギは事実を知るのみ

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者が何をしても
夫は何も変えない、変えてくれないという思いが強くあります

『うちの夫は一度言い出すと絶対に変えないです』
『夫の事は諦めています、言い出すと聞きません』
『私の事はボロクソに言います、夫は私をバカにするんです』

というように、圧倒的に自分が弱くて夫が強いという構図を説明します
しかし、私の相談者がカウンセリングをしばらく受けて話すのは

『本当に旦那は弱い男です』
『情けない男です、子供とかわりません』
『私は夫の事を勘違いしていました』

というような真逆の夫の評価です

これを見た方は

『どうしたらそんなに夫の事を見れるの』

という疑問を持つはずです
しかし、そう思ってカウンセリングに来た方は殆ど全員変わるのです
なぜ変わるのか
それは

‘自分を変えたから‘

です
夫の事を過大評価している自分をやめたというか、目が覚めたという事です
そこには勇気も決意も必要と思いがちです
しかし、実際にはそんな勇気も決意も必要はありません

夫の現実を捉えると、相談者の気持ちの中に

『こんなバカな夫を信じていたのか』
『私は本当に夫の言う事を真に受けていた』
『夫は私をずっとだましていたんでしょうね』
『夫が言う事を信じたいという私がバカでした』

という、冷水を浴びせかけられたような心境になります
そこには

‘だまされる方がまだいい‘

という気持ちはどこにもありません
この怒りや憎しみをどうやって晴らすかという一点に絞られるのです
優位や決心どころの話ではなく、夫とブス女に舐められていたという屈辱しかない
のです
そのモードになった時には、自分でも眠っていたパワーががっと出てくるのです

そこにはどうしても夫婦で物事を考えていた状態から、自分だけで決める、夫は
当てにしない、当てにならない状況になるのです
そして、自分ができる事をどんどんやっていく、待ってなんていられない、時間が
もったいないという心理になるのです

自分が信じていた夫は、自分をだましていた夫とわかれば誰だって変わるのです
その現実をしっかりと見てもらうためにも、とにかく

‘たられば‘

とか

‘仮定や想像‘

ではなく、事実を優先する会話をふんだんにしていくのです
夫を信じたい自分を捨てたくない相談者に、真実を間に挟んで会話をするのです
それを続ける事で、相談者も最後は頭の中のイメージよりも実態に即した自分に
変わるのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら