探偵や弁護士ではなく夫婦や自分をどう考えていくのかを作る事が先

(昨日上記動画を更新しました)

(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊は‘夫婦カウンセラ―‘の呼称を商標登録出願中です)

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、私のお話しする内容は
調査会社や探偵、弁護士とは全く違う内容です
探偵や弁護士の話しは、詰まるところ司法の中でケジメをつけるという事です

『これは慰謝料請求するために証拠をしっかり3回は取るべきです、知っている弁護士
を紹介しますから』

という探偵事務所と、その証拠を元に離婚するかしないかをまず聞いて慰謝料請求の
手続きを勧めてくる弁護士は、まさしく司法の中でできる事を言ってきます

司法でできる事と言えば

`精神的苦痛の代償`

としてお金を払わせる権利の行使です

それは単純に聞けばそのまま何も不思議な事ではありません
しかし、それが相談者の希望と乖離しているのが現実です
なぜなら、司法の結論はお金です

それを理解しているのであればいいのですが、とにかくバカ二人を別れさせる事が
できるのは慰謝料請求という迷信がある
少し考えてみればわかる事ですが、相談者はとにかくテンパっていて思いつくまま

『とにかく証拠を掴まなければいけない、探偵に頼もう』
『ネットに不倫をやめさせるには慰謝料請求と書いてある、私もやるしかない』

というように、飛び付くようにそこまで頭が行ってしまっている
しかし、探偵に依頼した後弁護士にも会っていろいろ落ち着くと

『私これでいいのだろうか』
『何だかどんどん進めているけれど、この後どうなるのか何も考えていない』

という、我に帰るのです

しかし、それでは遅いというか何をしているのかわからないまま時間や手続きだけが
進むのです
探偵は決まりきったように3回は証拠がいると言いますが、私が探偵を紹介して取った
証拠は一回で十分という方も数多くいます

弁護士も請求は粛々と進めますが、終われば契約はそれ以上の事は書いてありません
から、ハイ終了です
要は自分の行動にしっかり目的や意味がなければいけない

もちろんテンパっている時には、何も冷静に考えられないのは仕方がない事です
しかし、そこから一旦立ち止まって

『私は何をしなければいけないのか』

という疑問を投げかければ、必ずしもすぐのすぐに探偵や弁護士ではないのです
夫婦や自分の事をどう考えていくのかを、カウンセリングでまずお話しすると

『私は何もわかっていませんでした』

と、優先順位や考え方の組み立てにまず取り組むのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら