不倫脳というウイルスにはサレ妻の自粛要請ではなく強制力

夫婦カウンセラーの木村泰之です

不倫脳夫と接している中で、サレ妻にとって不倫という事象が何だかよくわからなく
なって来るのです
今の時代の不倫は、やめて欲しいという自粛要請では話にならないわけで強い強制力
がいるのです

このバカ二人も実は不倫脳という、ある種ウイルスに感染しているようなものです
新型コロナウイルスは医学的に捉えられているウイルスですが、不倫脳というモノは
そうではありません

しかし、確実に人間を正常な思考からあり得ない方向に向けてしまう影響力を
持っているのです
そういう意味では、医学的なウイルスではなくても実質

‘世の中に蔓延する疫病‘

なのです

しかも古くから存在する疫病ですが、時代と共に悪性化しているのです
昭和の時代であればもっとブス女も日陰の女で、コソコソとしていました
しかし、平成を経て令和の今では

『私が主役でなければイヤ』
『奥さん邪魔なんだけど』
『別に好きになっただけ、それがなにか』

というのがブス女の実態です

それもこれも、社会が緩い方向に向いているからに他ならないのです
政治家を見ても、日本人のモラルの低下が著く恥や外聞が無くなっているのです
国会でも、60代から80代の老人が若手の見本にもならない日本です

その中で、20歳そこそこのブス女も珍しくないのも当然です
この状況において、夫がそういう簡単に股を拡げるブス女に翻弄されるのは容易
に想像がつかなければいけない

『まさかうちの夫に限って』

というのは、

『まさか夫がコロナに感染するなんて』

というのと同じくらい、あなどりすぎているのです

夫もブス女も

『別にバレなければいいじゃん』
『今の世の中、誰もやっている』
『悪い事だけど、止められない』

という心理です
それはコロナと一緒で自粛要請ではだめなのです

日本には強制的に外出禁止や営業停止を下す法律がないのです
それは日本という国が昔は民度の高い国だったから、国の一大事には

『不用意に営業したら迷惑がかかる』

というブレーキがかったり、国もそれなりに手当てをしていたわけです
しかし、今は国も国民も本当に緩い方向に向かっているのです
そこに自粛という表現で最大の強制力を持たせるしかないのです

しかし、不倫はコロナウイルと違って妻である自分が断罪できる事です
そこに世の中を味方に付けて、バカ二人に自粛要請ではなく強制的に償いをさせる
必要があるのです

それをしなければ、バカ二人の良心やモラルを待っていては多くの人が嫌な思いを
し続けるのです
それをカウンセリングの中で説明するのです

それを聞いて相談者も

『私が緩くては絶対にダメですね』

という、自粛ではなく強制力を持って戦湧かなければいけないと腹を決めるのです

(まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら