アフターコロナは日々の生活でアフター不倫が夫婦の本番

夫婦カウンセラーの木村泰之です

夫の不倫に悩む相談者が頭の中にあるのは、とにかくこの不倫をやめてほしいと
いう事です
それは当然の事ですし、そう思わなければおかしいわけです

『今年に入って夫の不倫がわかって、何をしてもやめてくれないのでどうすれば
いいか知りたくて』
『夫が不倫しているのですが、離婚は避けたいのでやめてくれる方法が知りたい』
『私の中ではあり得ない事ですから、どうにかしてやめさせたい』

というような

木村泰之のカウンセリングの中でも、そこにいろいろとメスを入れていくわけです
その具体的行動アドバイスを作って、相談者に実行してもらうのです
しかし、一つ考えておかなければいけない事があります

それは何かと言えば

‘アフター不倫‘

です

今のコロナウイルス禍でも、

‘アフターコロナ‘

という言葉が出て来ました

それはコロナウイルスと戦うピークの状況から、少し時間が経過すると今後の
日々の生活をどうするのかという事に、関心が移行しているわけです
それは自然の流れで、コロナウイルスに影響された生活から少しでもいろいろと
活動を再開する事を考えなければいけないわけです

それが遅くなればなるほどフラストレーションも溜まっていきますし、人生の
希望も小さくなっていくわけです
そういう意味でもしっかり

‘アフターコロナ‘

という意識が大事なのです
それと同じで、不倫にメスを入れた後の人生をどうするかが大事です
私はその事を相談者には

‘手段と目的‘

という表現で説明します

『夫の不倫が仮に終わったとしても、それで良かった良かったにはならないで
しょう、その後の人生をどうするのかが大事ですよ』
『人生をどう生きるかがその目的で、不倫にメスを入れる事はその手段でしか
ないのですよ』

とお話ししますと、相談者も

『そう言われるとわかってきます』
『言われるまで気が付きませんでした』

という言葉が出て来ます

それは不倫をやめてほしいだけしか頭にないからです
不倫をやめてほしいだけでは、その後の人生なんてまた夫に翻弄されるだけです
まずは自分の人生観を作り直すのです

『この不倫に負けていては私の人生は、本当に意味がなくなる』
『こんな事では産んでくれた親に申し訳ない、私は強く生きる』
『シュンとしていては子供に影響する、私の人生は子供の幸せを作る事』

という目的を先に作れば、不倫をやめてほしいなんて甘い事を言っている自分は
いないのです
自分の定めた人生観に沿って、それを実現するための手段が不倫へのメスなのです

そのメスを入れた後が自分の人生や夫婦の本番、それを先に見据えておくのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら