安倍内閣の緊急事態宣言と不倫脳夫の終息宣言は鵜呑みNG

夫婦カウンセラーの木村泰之です

今の日本は政府によって、緊急事態宣言が当初の5月1日から31日までに延長
されているわけですが、その延長には正直国民もただ延ばされている感が強く
あります

これは夫の不倫も同じで夫の

‘不倫終息宣言‘

と変わらないのです
早く終わらせたいとか終わったと思って、結局は水面下で続いている時に落胆
するのと似ているのです

要は信じていたり思い込んでいた事がそうではなかったとわかった時に、強く
ガックリくるのが人間です

そうならないためにはどうればいいのか

もちろん実態を見誤らない事が一番大事ですが、コロナウイルスに限らず安倍
内閣のその場しのぎの言葉や、国民を犠牲にする事に不感症な人間に求めても
無理です


それを国民も大分わかってきているので、

『5月6日じゃ終わるわけない、どうせ延長するのがオチ』

と、想像しているのです

しかし不倫の場合は夫への過信が邪魔をしているので

『もう俺は別れた』
『俺は反省している、悪かった』
『つい相談に乗ってと言われて、ズルズルと続けてしまった』

という言葉に、

『こういっているのだから、信じよう』
『夫の言葉を信じるのが妻の役目』
『私も悪い所があったから、これで水に流そう』

というように、

‘不倫終息宣言‘

を信じてしまうのです

それで結局は終わっていない事に気付いて、どっと疲れが出るのです
そうならないためにどうすればいいのか
それは夫を

`ハナから信じない`

という事に尽きるのです

夫婦には信用が大事とか、信じてあげなければ夫婦ではないというのであれば
それを糧に生きていくのは構いません
しかし、不倫が起った時点でそれは信用をする相手ではないのです

その夫をムリクリ

『あなたはそんな人ではない』

と、自分で打ち消す日々です

しかし、それは多くの相談者は夫を変えたくない思い込みがあるのです
それが大きな敵になっているのです
夫任せの

`不倫終息宣言`

を鵜呑みにしている自分をやめるのです
今の安倍政権が緊急事態宣言の延長は断腸の思いなんて、思っているわけない

『また官僚の臭い表現のぺーパーを棒読みしているだけ』

という自分を作るのと同じです
ただ敵は

‘都合よく考えている自分‘

という事をしっかりと見極めるのです

それさえわかっていれば、多くの事を客観的に見る自分になるのです
最後は物事を眉唾もので見る自分が、一番の味方になるのです
何かきな臭い事や、トラブルには今までの人生経験の中で培ってきた

『これはそれほど簡単に考えてはいけない、私のカンが働いている』

という、感覚を基準にするのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら