探偵にお任せ高額の証拠で弁護士を紹介される流れ作業は自分不在

 

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、相談者が夫の不倫を
知った時に、場合によって探偵や弁護士に相談に行くケースも少なくないわけです

例えば不貞証拠をとりあえず掴みたいという思いで、ネットで探した探偵に行くと
どうなるのか

『ご主人はこの女に入れ込んでいますね、とにかく証拠を抑えた方がいい』
『こういう女には弁護士からキッチリと慰謝料請求をしてもらうために証拠をまず
掴みましょう』
『証拠が取れたらうちで弁護士を紹介しますから、安心してください』

と、とにかく証拠を取る事と、取ったらすぐに弁護士を紹介する事をセットで説明
します
もちろん探偵も仕事ですから、自分のところに依頼させたいわけで、その後弁護士
を紹介して慰謝料請求がスムーズに進む事を言います

もちろん証拠を取る事が大事なのは誰の目に見ても明らかで、夫とブス女に言い逃れ
されたら本当に悔しい思いをします
それはそれで事実ですが、だからと言って焦って探偵に大金を注ぎ込んでどうなるか

『調査がいる入るかはこちらで決めさせてもらいます』
『報告書は終わってから渡します』
『とにかく今は下手に連絡しないで下さい、バレると元も子もありません』

と、下手すると2,3か月は何がどうなっているのかわからないまま待って挙句の果て

『ご主人の警戒が強いので、もう少し粘らないと』

と、追加の料金を言ってくる事も珍しくないのです
それはそれで、待っている方がいいという方もいるかもしれませんが、夫とブス女は
その間にどんどん関係を深めてしまうのです

私は探偵に接触をして相談者に必要な時に紹介をしているわけですが、その条件は

‘私の方で調査をコントロールする事‘
‘調査時間を細切れに止める事ができる事‘
‘報告書を数日以内に出す事‘

などを探偵に義務付けています
もちろん、料金的にも世の中の相場より少し安くさせて、証拠が撮れた時には
私も一緒に見るようにしています

なぜなら、相談者と探偵だけで話が進むと、正直探偵が好き勝手にするからです
その一つに弁護士への誘導です
弁護士は絶対でも何でもないですし、慰謝料請求は目的ではないわけです

しかも、ブス女は弁護士からの慰謝料請求の内容証明が来ても、最初は驚きますが
アホな夫と自分の弁護士を立てますから、結局相談者だけに弁護士がつくわけでも
何でもなく、その優位性は相殺されます

しかも、弁護士は夫婦の専門家でも何でもないわけで、結構アホな事を言います

『修復は無理でしょう』
『離婚された方がいいんじゃないの』

と、離婚した方が自分の報酬が増えるからと言う内心の理屈を、相談者のために
言ってあげているようなアホな立ち振る舞いで言うのです

こういう事にならないためにも、夫の不倫に対する自分の取るべき行動を全体的に
カウンセリングで考えてもらい、必要な時に必要な専門家を紹介するのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら