不倫ではブス女にとって夫は‘どうとでもなる男‘という現実を知る

夫婦カウンセラーの木村泰之です

日頃、夫の浮気、夫婦問題に悩んでいる方に接していますが、多くの相談者が勘違い
している事がいくつかありますが、その中で一番の勘違いについてお話しします

それは

`不倫は夫ではなくブス女が主導権を握っている`

という事です

相談者は私に

『どうしたら夫は不倫をやめてくれるのか』
『夫は私の事をどう思っているのか』
『こんな事が起こっていて夫は女と別れてくれるのか』

という質問をします

私の答えは

『不倫は夫ではなくブス女がどうするかです』

です

相談者の心理には夫が積極的に入れ込んでいるという思いですが、現実はブス女が
夫を入れ込まさせている、逃げないようにしているのです
その不倫を主体性かつ先導しているのが夫ではなくブス女という事を知ってもらう
必要があるのです

この勘違いはまず巧妙にブス女が夫を隠れ蓑にしているという事と、夫が言いなりに
なっている事が原因として発生します
しかし何よりも、相談者である妻がよくも悪くも

`夫を大きく見過ぎている`

事が一番の原因です

『夫は不倫をやめてくれる』
『夫は私の思っている意志の強い人』

なんて思っている時点で大きな勘違いをしているのです

そもそも夫はブス女に

『俺に気があるんだ』
『俺にやらせてくれるかも』

という下心を見抜かれてというか誘発して関係を持っているのです

そこから夫はブス女に

`どうにでもなる男`

に成り下がっているのです
不倫の当事者バカ二人には普通に考えたら上下関係なんてありません
均等に罪があるからです
しかし、ブス女は巧妙に夫に対して被害者面をする事で主導権を握るのです

もし夫が不倫をやめようとすると

『会社にばらしてやる』
『奥さんに言ってやる』

と、まるで自分が全て被害を受けているかの態度で夫にプレッシャーをかけて不倫を
先抜けさせないのです

そういう関係になっている事を、

`夫は強い人`

なんて思っている妻がブス女に舐められるのは当然の流れで、どんどん浸食してくる
そもそもブス女はなぜ不倫するのかと言えば、自分の夫や彼氏にいい思いをしていない
からです

その中で夫が家族を守りながら自分と不倫している事に、

『あんただけいい思いさせない』

という不満を爆発させる
そして逆にしおらしい事を言って慰めさせるという、まるでどこかの独裁国家の戦略と
同じようにアメとムチを使ってくるのです

そんなブス女に夫はまさしく

`赤子の手をひねるのも同然`

のような無力な男なのです
その勘違いを解いた相談者が、まるで憑き物が取れたように自分の強さと夫の弱さを
明確に知るのです

(勇気を持って、まずは下記無料電話、メールにてご相談ください)

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら