コロナも不倫も第二波を防ぐのは強い危機感の持続

夫婦カウンセラーの木村泰之です

夫の不倫で悩む相談者の心境には、仮にこの不倫を終わらせたとしても

『また次にやるのではないか』
『今までも同じように隠れてやっていたはず、また同じ繰り返しになるのでは』

という不安が付きまといます

その不安が出ると、不倫に何をやっても意味がないのではないかという絶望感が
湧いてきます
そういう相談者はどういう考えを持つべきなのか

そもそも夫が不倫をするのはなぜか
もちろんブス女という人間に出会っている事も、その原因の一つです
しかし本質的な原因は

‘夫婦をないがしろにしている‘

という事に尽きます

『妻にはバレなければいい』
『あいつは俺を信じてるから大丈夫』
『これ位平気、俺は家には金を入れている』

という、まさに舐めている姿があるからこそです

それがなければ、そうそう不倫なんてするわけがないのです
という事は、妻である相談者が舐められている事に他なりません
なぜ舐められているのかと言えば、

『夫は私を守ってくれる』
『夫がいれば私は人生安泰』
『夫の事は信じている』

という、

‘平和ボケ‘

がもたらしているのです

要は夫におんぶにだっこの自分が、緩ませているのです
それを引き締め直すのがカウンセリングです
夫が不倫を自発的にやめるという可能性は、極めて低いのが現実です

という事は相談者である妻が、自分の気持ちを引き締め直して不倫にメスを入れる
事が非常に重要です
その具体的行動アドバイスを送るわけですが、もしその不倫が終わったとしても

『気を緩めてはいけません、人生ずっと危機感を持っていく事が必要です』

という事を必ず伝え続けます

それはコロナウイルスでも同じで、ひとまず緊急事態宣言が解除になっても緩めば
第二波が必ず来ます
見た目の感染者数が減って終息に向かっても、コロナウイルスは完全に消滅している
わけでも何でもない

人との接触や予防がおざなりになれば、いつでもまたパンデミックが起こるのです
実際に第二波が来ている地域があるのも、多くの人がわかっています
それと同じで、不倫も妻の危機感が最大の防御法です

それを一生続けなければいけないと言うと、

『そんなにやらなければいけないのですか』

という方もいます

しかし、私から言わせるとそう言っている時点でもう緩んでいるのです
それがどうしても嫌ならば離婚すればいいのです
夫婦を真剣に生きるのであれば、危機感を持つのは当然です

もし離婚したとして、次の夫が安心を与えてくれる男とは限らないのです
結局楽をしようとしている自分が一番の敵です
コロナウイルスでも、慢心している人類に警告を与えているようなものです

夫婦にも不倫が緊張を持てと教えているのです
そういう感覚を持てば、危機感がない方が苦しいとわかるのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら