不倫夫の言葉をブス女の嫉妬とコンプレックスに置き換える

不倫夫の言葉の源はブス女

夫婦カウンセラーの木村泰之です

多くの相談者がどうしても自分の事を卑下したり、夫の言葉に卑屈になって
しまいがちな状況が、毎日全国に起こっています
夫の不倫が起こると、なぜその状況が生まれるのか

『俺にはもう居場所がない、前から嫌だった』
『俺はお前とは無理だから、ここを出ていくつもりだ』
『何を言っても無駄だ、もうお前とは無理』
『早く別れてくれ、俺には時間がない』
『お前と俺はとっくに終わっている、お前も気付いていただろう』

という、唐突な言葉に心を痛めるというか唖然としてしまいます

その中で冷静に考える事は難しいのです
しかし、そこからどうすれば状況は好転するのか
どうすれば相談者の心は好転するのか

それには、

‘夫の言葉を追わない‘

という事が重要です

どういう事かと言いますと、夫は自分の不倫に後ろめたさが満載です
その気持ちを陰に隠れるブス女が

『奥さんは何もわかっていない』
『あなたは悪くない』
『奥さんにはこういった方がいいのよ』

と、言葉の指南をするのです

それを聞いた私の相談者が、

『本当でしょうか、夫の方が入れ込んでいるように見えます』
『夫の方が女をコントロールしている気がします』
『夫は女に言わされているとは思えませんが』

という言葉を出します

しかし、時間の経過と共にバカ二人のラインのやり取りなどの証拠を掴むと

『木村先生の言う通り、女がこう言えと指図していました』

とわかってきます

それは多くの相談者のケースに共通している事です
それをわからないように、コソコソしているブス女の思考に気付いてもらう
事が非常に重要です

夫の言葉はそのブス女との会話で、知らず知らずのうちに刷り込まれている
言葉です
そうでなければ、妻が

『この人こんな事は言っていなかったのに』
『何かおかしい、何でこんな事を言うの』

という違和感が出てくるはずがないのです

要は夫婦の会話ではなく、夫とブス女の妻への後ろめたさを薄めるための
攻撃性を持った言葉の羅列なのです
そのからくりを、カウンセリングの中で理解してもらう事が大事です

そこからしっかりと自分ができる事をやるのです
それはまず、

‘夫の言葉はブス女の嫉妬とコンプレックス‘

という置き換えをする事からのスタートです

『夫と思って聞いていてはいけない、ブス女の言葉なんだ』

という変換をしていくと、時間の経過と共に冷静になっていくのです

無料相談専用電話(15分ですが真剣にお伺いします)
090-5515-8337
(日月火水木金土10時~18時)
カウンセリング中でつながらない時がありますので
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

無料メール相談 ⇒お問い合わせはこちら
できれば、状況を詳しく入れてください、2日以内に返信します
(3000字入りますが、文字数を超えるとデータが届かない可能性
がありますので、ワード、メモ帳などに一度保存してコピー&
ペースト入力下さい)

有料相談メニュー

メルマガ(無料:毎日午後13時+α配信)

『夫婦カウンセラー木村泰之 浮気した夫の頭の中』

まぐまぐメルマガ(無料:毎週日曜日3時配信)

 『夫婦問題カウンセラー木村泰之男女の法則」』

*************************

この記事の関連記事はこのページの下にリンクがあります

相談実例

(アメーバブログに投稿していますので、記事を読むためには
アメンバー申請が必要となります)

 

関連記事



夫婦問題レスキュー隊

名称未設定-1_r2_c2

日~土 10時~18時
15分ですが、あなたのお悩みを真剣にお伺いします

090-5515-8337

カウンセリング中でつながらない時は、
申し訳ございませんが、時間を置いてかけなおしてください

P5240902_r1_c1

〒104-0031 東京都中央区京橋1-3-2 モリイチビル4階

【人気のメールマガジン】
『夫婦問題カウンセラー木村泰之  浮気した夫の頭の中』
『夫婦問題カウンセラー木村泰之 男女の法則』

【メディア情報】
書籍書籍・DVD情報はこちら